川越富洲原教室 教室長代理(進路アドバイザー)です。

 

今回の進路コラムは、番外編として、三重県立高校入試(後期選抜)の合格者平均点をまとめておきます。入試の難易度の参考にしてください。

平成21年度(2009年度)入試から平成29年度(2017年度)入試の9年分をまとめています。

 

 

三重県立高校入試(後期選抜)合格者平均点

 

教科      国語  数学  社会  英語  理科  合計

平成29年度  36.3  27.5  32.6  26.3  30.5  153.3

平成28年度  34.6  26.4  29.7  30.8  29.8  151.3

平成27年度  34.8  28.7  27.9  29.5  27.7  148.5

平成26年度  33.0  25.9  31.5  31.9  30.1  152.4

平成25年度  30.4  25.6  25.7  29.1  28.6  139.4

平成24年度  36.0  24.6  26.6  32.6  30.9  150.6

平成23年度  28.6  24.7  28.2  32.0  26.4  139.9

平成22年度  31.1  26.3  31.8  30.6  31.8  151.6

平成21年度  27.2  25.4  32.6  31.2  33.2  149.6

 

 

【最新の平成29年度入試について】

国語と社会が、過去9年間で一番平均点が高くなりました

逆に英語は過去9年間で一番平均点が低くなりました

合計としては、153.3点と過去9年間で一番高くなりました。

 

【過去9年を振り返ると】

だいたい6割くらいが平均点になっています。

ただし、数学は、やや低めで、5割近くになっている年もあります

また、国語は近年6割を少し上回るようになってきています。

 

中には、平成25年度や平成23年度のように、合計で139点と難化した年もありました。

 

理科は30点程度が多いですが、26点程度になった年もありました。

社会は、おおむね30点前後となっていますが、25点前後になった年もありました。

英語は平成29年度を除き、30点程度の年が多くなっています。