今週お問い合わせでいただいた質問にお答えします!

お問い合わせいただきありがとうございます。

先週チラシを入れてから今までにないぐらいのペースでお問い合わせをいただいております。

その中で気になる質問があったのでみなさんに向けてもお答えします。

Q.教材費はいくらですか?

A.この質問は多いです。

某大手集合塾さんは年度初めに教材費がウン万円かかる(そんなことチラシに書かれてないのに!)というようなウワサも聞きますので、心配になるかと思います。

京進は授業で使う教材だけを買っていただいています。

多くの生徒さんがフォレスタという塾用教材を使っています。

こちらは1冊1999円(税込)で1年間使っていただけます。

フォレスタ以外にも様々な教材があり、生徒さんのレベルに応じて必要な教材を購入していただいております。

ほかの教材も1冊1500円〜2000円のものがほとんどです。(よく使う教材の中ではフォレスタの1999円が一番高いです。)

様々な教材がありますが、ご購入していただくのは基本的に1科目一冊です。

そのため年度初めに英数理社4科目のフォレスタを買っても1万円を超えることはありません。

実際どのレベル子でも教材費が1万円を超えることはほぼありません。

Q.定員はあるんですか?

A.あります。

今の中2(新中3)だけは少し生徒が多いので、あと5人で定員になります。

しかし、ときわ教室はまだできたばかりで余裕がありますので、現時点ではほかの学年は定員を気にするほどではありません。

(私もこの質問を受けるまでほとんど定員を気にしていなかった。)

定員の数は在籍する先生の人数によって変わりますので、春に向け新しい先生が入ってきたら定員が増える可能性はあります。

Q.早く入ることのメリットは?

A.定員の問題もあるのですが、早めに入っておくメリットはたくさんあります。

①時間割が選びやすい。

これは結構大きなメリットです。

基本的に時間割は自由に組めるのですが、先生の空きの問題もあるので希望の時間に授業を組めないこともあります。

時間割の枠は早い者勝ちなので早く入ると好きなところに入りやすいです。

(どうしてもの場合は調整いたします。)

今なら時間割はだいたい希望通りに入れるかと思います。

今のところ木曜日の7時と金曜日が空き枠が少なめです。

②復習できる。

新学年が始まるまでに今まで習ったところの復習をする必要があります。

今までのところができていないのに、新学年の勉強だけしても身につきません。

今のレベルにもよりますが、多くの方が復習には1、2ヶ月かかります。

そのため新学年が始まる1、2ヶ月前つまり2月ごろから塾に通っておくのがベストです。

③春期講習が有意義に受けられる。

正直なことを書くと私たちは初めの1、2回は100%の授業ができません。

担当制の個別指導なので、生徒さんのクセや弱点を掴んでそれにあった授業をしていきます。

初めの1、2回の授業だけではどうしてもクセや弱点をつかみきれません。

1ヶ月もすれば先生も生徒さんのことがわかってきますので効率よく授業できます。

大事な春休みにはぜひ私たちの100%の授業を受けていただきたいです。

そのために春休みの1ヶ月前、つまり2月ごろから通っておくのがベストです。

ときわ教室へのお問い合わせはこちら