川越富洲原教室 教室長代理です。

2016年3月末の進路コラムを復旧します。

→他大学でも似たような傾向がみられる部分もあります。参考にしてください。

 

3月19日に実施さえたオープンキャンパスからの情報です。

女子大学ならではの学部構成となっています。

 

(1)2016年度入試 結果速報

    試験種別 志願者数 合格者数 合格率
AO 175 153 87%
資格優遇選抜 10 10 100%
公募推薦(併願) 283 173 61%
一般(2月) 1022 717 70%
一般(3月) 61 24 39%
センター利用(3科)(2月) 143 117 82%
センター利用(2科)(2月) 498 399 80%
センター利用(1科)(2月) 244 194 80%
センタープラス 265 183 69%
センター利用(3月) 44 37 84%

※資格優遇選抜を利用できる場合は、AOよりも資格優遇がおススメ。

※センター利用入試は、高得点の科目を採用(一部学科は、指定科目あり。)

※3月入試は、入学見込者数により、合格者数が変動しやすい。

 

〔5月頃の個別相談会に向けて新年度のパンフレットが作成されます。〕

 

 

 (2)過去問を見る際の注意点

・2014年度入試までの数年間・・・ゆとり教育時代の試験内容

・2015年度入試      ・・・数学・理科のみ新課程の試験内容

(旧課程履修者を考慮した範囲)

・2016年度入試      ・・・全科目新課程の試験内容

・2017年度入試(予定)  ・・・2016年度入試と同じパターンの予定

名古屋女子大学では、毎年、試験問題作成者が同じ場合が多いので、傾向がはっきりしている

 

 

(3)各学部のポイント

 ①文学部 児童教育学科

・児童教育学専攻は2年時に「初等教育コース」「幼児教育コース」に分かれる。

→幼稚園教諭免許は、どちらのコースでも取得できる。

→小学校教諭免許と保育士はコースにより取得できるものがことなる。

※保育士と小学校教諭を迷っている場合は、「幼児保育学専攻」ではなく「児童教育学科」がよい

 

 

②家政学部

食物栄養学科・・・管理栄養士の養成(病院・給食センター・社員食堂などでの栄養管理)

 

生活環境学科・・・建築士、インテリア、アパレル、食品 関連の学習

 

家政経済学科・・・衣・食・住 + 経済・情報(一般企業就職向け) の学習

中学・高校教員養成(家庭科)

→メニュー開発、食品の販売法、教員養成、情報処理、簿記など

→この学科は「日本女子大学」と「名古屋女子大学」のみあるとのこと

 

→大学ホームページはこちら

 

進路アドバイザー進路アドバイザー

女子大学らしい学部構成です。独特な学科もあるので、詳しく説明を聞いてきています。いろいろな大学に足を運び、説明を聞いてきていますので、文理選択や学部学科選びに関する相談や、受験校選びの相談にも、より具体的に応じています。