川越富洲原教室 教室長代理です。

2016年3月下旬の進路コラムを復旧します。

今回の進路コラムは、3月20日(日)に行われたオープンキャンパスからの情報です。

 

(1)2017年度 スポーツ科学部新設(認可申請中)

 ・アスリート養成

 ・選手は目指さないが、スポーツは好き

 ・スポーツビジネス

 ・スポーツ選手のバックアップ

 ・障がい者のためのスポーツ

 ・中学・高校教員免許(保健体育)取得

 ・特別支援学校教員免許取得

 →できることは多岐にわたっています。

 

 

(2)2017年度 社会福祉学部 改組  ~4つの専修制へ~

行政専修・・・公務員(福祉職)をめざす

こども専修・・・児童相談員、保育士、スクールソーシャルワーカーをめざす

人間福祉専修・・・高齢者・障がい者施設で働くソーシャルワーカー、福祉の知識を活かせる人材育成を目指す

医療専修・・・医療ソーシャルワーカー、精神保健福祉士を養成

 

 

 

(3)入試

①自己アピール系(AOなど)

②小論文系(公募推薦など)

→募集定員は3分の1ずつ割り振られている。

③学力系(一般入試など)

 

すべての入試形式において、大学側のメッセージが込められています。

→日本福祉大学の卒業生のほとんどが「人と接する仕事」についている。

→「人と接すること」につながる人材かどうかを見られている

看護系など国家試験受験につながる学科では、学力(評定)も重視している。

 

①AOなど・・・面接

人の話を聞けるか、質問にきちんと答えられるか

 

②公募推薦など・・・小論文

文章を要約できるか(相手の言っていることを理解できるか)、説得力のある意見が言えるか。

 

③一般入試など・・・学力

→コツコツやっていけるか(高1からコツコツ学習をしてきているか)

 

※福祉・教育・看護・営業など、人とコミュニケーションをとり、助言・指導できちんと意見が言え、コツコツと信頼関係を築いていく必要がある職業に就職していく人材を育成しようとしている。

 

(4)アクセス

①東海キャンパス

〔経済学部・国際福祉開発学部・スポーツ科学部〕

名古屋駅から名鉄常滑線で約17分、太田川駅下車。徒歩5分。

 

②半田キャンパス

〔健康科学部〕

名古屋駅から名鉄河和線で約35分、知多半田駅下車。名鉄バスまたは通学支援バスで約20分。 (JR利用のルートもあり)

 

③美浜キャンパス

〔社会福祉学部・子ども発達学部・スポーツ科学部〕

名古屋駅から名鉄知多新線で、約60分、知多奥田駅下車。徒歩すぐ。(建物までは距離がある。)

 

大学ホームページはこちら

 

進路アドバイザー進路アドバイザー

日本福祉大学は、3月から10月にかけて、各キャンパスでオープンキャンパスが行われます。名古屋に近いキャンパス(東海キャンパス)で全学部の紹介がある回もあれば、それぞれの設置キャンパスで行われる場合もあります(こちらのほうが多い)。

 

教務教務

中学生の学年末テストが一段落し、高校生の学年末テストが近づいてきました。そして、国公立大学入試期間に入り、三重県立高校入試や私立大学の3月入試も近づいてきています。総仕上げをしっかりとしていきましょう。

教務教務

川越富洲原教室では、新高2・新高3・(中高一貫の新高1)の春期講習の提案がある程度進んでいます。3月4日(土)を締切としています。富田教室と連動して時間割を編成しますので、期限までのご提出をお願いいたします。なお、3月下旬の時間割は、特別時間割になる場合がありますので、全員ご提出をお願いいたします。