川越富洲原教室 教室長代理です。

2016年6月末の進路コラムを復旧します。

6月24日に名古屋で教員向け説明会が行われました。新年度から改組が予定されています。「関関同立」と言われる関西の難関私立大学のうちの一つです。京都・滋賀(草津)・大阪(茨木)にキャンパスがあります。系列大学として、立命館アジア太平洋大学(APU)が大分(別府)にあります。

 

(1)人材育成

Creating a Future Beyond Borders

自分を超える、未来をつくる。

年齢・性別・地域・国など、さまざまなボーダーをこえて多くの人が集まる大学。

限界や固定観念を超え、未来への可能性を広げる。

 

 

(2)重視している点

①多様な価値観に触れるため、日本全国・世界各国の学生と学ぶ環境。

②社会を担う力・使命感を身につける自分自身を高めるプログラム・制度の充実。

③様々な社会に触れる機会を提供、活躍の場を自ら獲得することの支援。

 

 

(3)特徴

①近畿出身学生:50.2%、近畿以外の出身学生49.2%

(東海地区は17.4%で2番目に多いエリア)

(全国から学生が集まる大学を目指している。)

 

②留学生も多く受け入れている。(系列のAPUとの交流も)

 

③多文化協働できる人材育成を目指す

→留学する学生も多い

 

④国からの研究補助金額 私大で3位

→文系学部でも多く補助金を得ている。

 

⑤遠距離進学者支援型奨学金あり

 

⑥名古屋でも受験できます。

 

 

 

 

(4)主な変更点

①経済学部

経済学部 経済学科に「経済専攻」「国際専攻」を開設

→これに伴い、国際経済学科は募集停止。

→1回生終了時に、専攻間移動の機会あり。

 

経済専攻・・・「理論+現実+実践」で現代社会の諸問題を解決する人材を育成する。

国際専攻・・・「外国語+経済学+海外経験」で、世界で通用する国際人を育成する。

どちらの専攻も外国語を重視している

 

・入試は専攻単位で募集する。

→経済学科として合格者を決定し、国際専攻を希望する受験生については、成績上位者から国際専攻への合格者として決定していく。

 

 

②情報理工学部

従来の4学科を廃止し、「情報理工学科」を開設し、7つのコースを設置。

・システムアーキテクトコース

・セキュリティー・ネットワークコース

・先端社会デザインコース

・実世界情報コース

・画像・音メディアコース

・知能情報コース

・情報システムグローバルコース

→情報システムグローバルコースのみ出願時に選択し、国際学生と英語で学ぶ。他のコースは、入学後、1回生前期にコースを選択。

 

・情報システムグローバルコース(英語コース)のみ、センター試験(英・数)+面接(英)で実施する「グローバル方式」を新設。

 

・センター試験併用方式において、情報理工学部型を新設

→【独自】英と数 【センター】国or数

 

・学部個別配点方式で、数学の配点を50点増加し400点満点に変更。

 

 

③英語外部試験のスコア保持者への特別措置の対象増加

→TEAP(4技能)334点

 

 

 

 

(5)アクセス

①衣笠キャンパス

京都駅から、市バス・JRバスで約30~40分「立命館大学前」下車すぐ。

 

②びわこ・くさつキャンパス(BKC)

南草津駅から、近江鉄道バスで約20分「立命館大学」下車すぐ。

 

③大阪いばらきキャンパス

JR茨木駅から徒歩約5分。または、阪急南茨木駅から京阪バス約5分「立命館大学」下車すぐ。

 

 

大学ホームページはこちら