川越富洲原教室 教室長代理(進路アドバイザー)です。

 

今回の進路コラムは、5月末~6月初めに教員向け説明会が行われた名古屋芸術大学を特集します。

今年度より、2学部体制になり、領域を超えた学び行われるようになっています。

 

(1)ボーダーレスな学びのコンセプト

①高い専門性実技教育はそのまま。

②時代が求める領域を超えた幅広い学び。

③分野の横断・融合による学びの相乗効果。

④社会の様々な場面で活躍できる人材へ。

 

 

(2)学部学科の構成

〔芸術学部 芸術学科〕

①音楽領域

・声楽、鍵盤楽器、弦管打、サウンドメディアコンポジション、音楽ケアデザイン、ミュージカル、ポップス・ロック&パフォーマンス、エンターテインメントディレクション&アートマネジメント、音楽総合

2018NEW 声優アクティングコース    以上のコースがある。

 

②美術領域

・日本画、洋画、油画、絵画・現代アート、アートクリエイター、コミュニケーションアート、版画、彫刻、陶芸・ガラス、美術文化創造

以上のコースがある。

 

③デザイン領域

・ヴィジュアルデザイン、イラストレーション、メディアデザイン、メディアコミュニケーションデザイン、ライフスタイルデザイン、インダストリアル&セラミックデザイン、カーデザイン、スペースデザイン、メタル&ジュエリーデザイン、テキスタイルデザイン、

2017NEW 文芸・ライティング      以上のコースがある。

 

2017NEW 芸術教養領域

・リベラルアーツ  のコースがある。

→基幹となる5つのリテラシー(表現されたものを受け止め、理解し、活用する力)

「ヴィジュアルリテラシー」「サウンドリテラシー」「英語リテラシー」日本語リテラシー」「情報リテラシー」

 

〔人間発達学部 子ども教育学科〕

保育士・幼稚園教諭・小学校教諭を目指す学科

 

2018NEW 2年次からのコース制導入予定(現在計画中)

 

 

(3)入試

①主な変更点

指定校入試を芸術学部全領域で実施

→デザイン・芸術教養は新規導入

・合格発表は学内掲示を廃止し、WEB上での開示のみとする。

・試験名称の変更

→A日程入学試験 を 一般入学試験A日程へ

→B日程入学試験 を 一般入学試験B日程へ

・一般入学試験B日程では、デザイン領域と美術領域は学科試験を実施しない。

・大学全体で日程調整が行われるため、昨年度と試験時間に若干の変更がある。

 

②超領域入試(2017年度より導入)

・場所

→博物館などの学外展示施設で実施

・試験の流れ

1.展示物について小レクチャーを受ける。

2.館内を自由に観察

3.別室にて小論文作成

4.プレゼンテーション・面接

・定員

→25名程度(各領域5名程度)

 

 

(4)特別指定クラブの制度の導入

充実した活動環境を積極的に提供し、指導や助言には、教員が手伝う。

 

・吹奏楽クラブ

・動画漫画研究部

・ビッグバンドクラブ(ポップス、ジャズ)

・ゴスペルクラブ

・LEGO部

 

 

(5)アクセス

名古屋駅から名鉄犬山線で約17分、「徳重・名古屋芸大」駅下車。

 

・東キャンパス

〔音楽領域・芸術教養領域・人間発達学部〕

駅より東へ徒歩約8分

 

・西キャンパス

〔美術領域・デザイン領域・芸術教養領域〕

駅より西へ徒歩約13分

 

※東キャンパスと西キャンパスの間にはシャトルバスもある。

 

 

 

※各コースの内容や、入試の内容の詳細は、大学発表のものでご確認ください。

 

大学ホームページはこちら