塾を探すきっかけは成績だけじゃない

今中学生はちょうど期末テストが終わり、その点数を見て塾を考える方が多くなる時期です。

 

塾を探すきっかけは色々なものがあります。

 

ただ単純に点数だけの悩みで京進に来る方は少ないです。

みなさん点数以外にも様々な悩みや塾への希望を持っています。

そして多く保護者の方が同じような悩みや希望を持っています。

 

京進に来る子は単純に成績アップだけを目指している子ばかりではありません。

塾を探すきっかけとなった悩みとそれに対する希望を紹介します。

 

塾を探すきっかけ5選

1、勉強の仕方がわかっていないから、勉強の仕方を教えてほしい

このお声は多いです。

勉強の仕方だけでなく「勉強の楽しさ」を教えてほしいというお声も多いです。

家での勉強の大切さがわかっている方が多い証拠だと思います。

塾の授業がない日にどのように勉強するかで成績は大きく変わってきます。

京進は個別指導ですので、ひとりひとりの状況を見て勉強の方法を提案しています。

 

2、親が「勉強しなさい」と言っても聞かないから、第三者に言ってほしい

小学校高学年〜中学校の特に男子生徒の保護者の方からよく聞くお声です。

確かにその年頃になると親に反抗するのが普通です。

そのため保護者の方が熱心に声をかけても、お子さんに響かないことは多々あります。

塾の先生なら第三者で反抗しづらいです。

また京進の先生は若い先生も多く生徒と共感しあえる部分も多く、より生徒も先生の言うことを聞きやすいです。

 

3、全然家で勉強しないから、塾という勉強しなければならない環境に入れたい

塾に入るまで家では全く勉強しないと言う子もよくいます。

家では勉強しないという習慣になってしまっている子は、ぜひ塾という家とは別の空間に入ることをオススメします。

環境が変われば勉強もするようになります。

まずは塾で勉強するようにして、徐々に家でも勉強できるようにしていきましょう。

 

4、受験が近づいてきているのに危機感がないから、勉強の習慣だけでもつけさせたい

高校受験に関しては「保護者の方は心配しているけど、当の本人が全然危機感を持っていない」というケースは非常に多いです。

本人がなかなか危機感を持たないのは異常ではありません。(中3の1学期中間の頃までに受験を意識し始めないと少しまずい)

ただそこで保護者の方が先走りすぎると、お子さんはついてきませんし、逆に反抗されてしまいます。

だから早いうちから少しずつ勉強の習慣をつけていくのがベストです。

 

5、子供に勉強を教えているとケンカになるから、第三者から教えてほしい(←小学生の保護者に多い)

これはお子さんに勉強を教えられる保護者の方に多いお声です。

特に小学校のうちは保護者の方が教えられることが多いです。

しかし高学年ぐらいになるとケンカも多くなり、それまでのようには教えられなくなります。

塾での授業に反抗する子はいないですので、塾に通えば親子共々スッキリします。

 

 

 

 

これらの悩みを一緒に解決しましょう。

これらの悩みはほとんどの方に当てはまると思います。

京進では面談でこれらの悩みも聞いています。

京進は先生が担当制でずっと同じなので、生徒さんの普段の勉強の仕方や、生活習慣もだいたいわかっています。

そして担当の先生がひとりひとりとしっかりコミュニケーションをとり少しずつ改善していきます。

京進は単純に点数が上がればいいという塾ではありません。

 

 

高校生の塾探しのきっかけ

ちなみに高校生は保護者の方ではなく、自分から塾に行きたいと言う子が多いです。

また本人の意見を尊重する保護者の方がほとんどです。

本人が決めるのは大事ですが、しかし周りの友達に流されやすいという側面もあります。

その場合多くの子が通っている大手に流されることが多いです。

(なかなか大学受験まで対応している個別が少ないのでそもそも個別という選択肢がないというのも原因の一つです。)

その時に本人の性格などを見て保護者の方が少しアドバイスをするとより良い塾選びができるかと思います。

 

 

 

ときわ教室へのお問い合わせは

こちら