もう出願校を決めないといけません

今日から中3の面談が始まりました。

中3はもうすぐ私立と前期入試の願書を出さないといけません。

その前に教室で面談をしています。

どこに出願するか?

そのためにこれからどう勉強ていくか?

などを話します。

 

志望校はこんな時期にはもう決まっているんじゃないの?と思われるかもしれませんが、意外と結構せめぎ合いがあります。

すんなり終わる子は半分ぐらいです。

この時期になると現実が見えてくるので、そこでどう折り合いをつけるかで迷います。

 

 

出願校選びで一番の迷いのネタとは?そして迷った時はどう選ぶべきか?

そして、出願校選びで一番の迷いのタネは学校の先生の言葉です。

学校の先生は基本的にかなり安全校を勧めてくれます。

「学校の先生がこう言ってるけど…」と迷うことが多々あります。

学校の先生の言うことも大事ですが、最終的に自分が行きたいところを受けるのが一番大事です。

今まで学校の先生の勧めたところとは違う挑戦校を受けた子も何人もいます。

でもそれで結果がダメだったからといって後悔している子はほとんどいません。

自分で決めて、自分なりに努力して、それでもダメだったら後悔することはありません。

だから惑わされず自分の学校選びに自信を持つということが大事だと思います。

 

どうしても塾は合格実績にこだわるところが多く、あまり挑戦させないこともあるかもしれません。

ただ私はそこまで合格実績へのこだわりがないですので、みんなが後悔しないことが一番だと思っています。

ひとりひとりの希望にあった進路選びのサポートをしています。

 

 

そんな京進へのお問い合わせはこちら