常磐中学校の特徴と京進スクール・ワンができること

四日市ときわ教室の吉川です。

四日市ときわ教室は教室名のとおり、常磐中学校区に立地しています。

笹川中学校・港中学校区にも近いのでそれぞれの中学生に通っていただいていますが、当教室で一番多くなるのが常磐中学校の個別指導です。

このページでは、常磐中学校の特徴と私たちが常磐中学校の生徒さんをどのようにサポートしているかをご紹介します。

常磐中学校の特徴は?

塾で授業をするにあたって、ここは押さえておきたいというポイントがあります。

1.ハイレベル

意外と思われる方が多いのではないでしょうか?

常磐中に通っている方に聞くと、ちがう噂を聞くことのほうが多いようです。

ちょっと元気過ぎる子がいるなど、そういうマイナス的な話です。

一般的には、どこの学校にもそういう子がいます。

そして、マイナスな話ほど噂になりやすいものです。

特に常磐中は生徒数も多いので、そういう話が広がりやすいのでしょう。

実際は、学力の二分化が進んでいると思います。

学校の授業にスイスイとついていける子と、学校の授業が呪文に聞こえている子。

個別指導ですから、学校の授業以上のことを習いたい!という子も、学校についていけるようにしたい!という子も、ひとりひとりに合わせて授業を始められます。

2.生徒が多い中学校だから・・・

生徒数が多い中学校あるあるです。

学校の先生は一度に数十人の子どもたちを見ないといけませんから大変です。

どうしても、ひとりひとりに時間を割くことができません。

授業中に挙手したり、授業後に直接先生に聞きに行ったりできればいいですが、それが簡単にできればどんなに楽か。

個別指導塾としていつも大切にしているのは、まじめでおとなしいといわれている子。

元気で明るい子、甘え上手な子が先生の目に止まりやすいという現実があります。

その影で、何も言わずに座っている子どもたちの気持ちがわかります。

何も思っていないはずがないんです。

言いたいことや、聞きたいことがあるはず。まじめな子ほど、深く考えています。

そのような子どもたちにも、まなざしを当てたい。

隣でずっと先生がいてくれて、うまく質問ができなくても、先生からどんどん聞いてくれます。

「生徒が言えるか、書けるかで理解度を確認!」

このように授業方針を統一して講師研修を行っています。

3.さまざまなテストのつくりかた

生徒数が多いということは、先生も多いということ。

中間テストはA先生が作ったけど、期末テストはB先生が作るというのはよくある話です。

A先生は知っているけど、B先生は別のクラスを教えているから知らないということになります。

テストを作成する先生が、今回の範囲でどこを大切にしているかというポイントが、全クラスに平等に知られているわけではないのが大規模校の宿命です。

京進スクール・ワンでは、毎回のテストで、生徒さんからテスト結果を回収して、テスト実物を分析しています。

ただし、特定の先生のクセに対応して授業をするということはしないようにしています。

塾としては点数UPのテクニックになるのは間違いありませんが、そのような対処療法的な小手先で点数を上げても、生徒さんに応用力がつかなくなるからです。

どんな先生が作っても、本番で対応できる力を養いたいです。

そこで、京進スクール・ワンでは常磐中学校だけでなく、四日市市内の他校の定期テストも他教室と連携して回収できるだけ回収し、あらゆる出題傾向に答えられる練習量をテスト前に積んでいただきます。

その延長線上に、高校入試で戦う力や、将来の社会で生きていく力が育まれると考えています。

常磐・松本地区で珍しい立ち位置の学習塾

京進スクール・ワンが他塾さんと同じなら、塾として存在している意味はないですよね。

そこで、他塾さんでしていない(だろう)ことで、この常磐・松本地区の皆様のお役に立てることをまとめてみました。

一つ一つは細かいことで、当たり前なことかもしれません。

しかし、私たちは当たり前にしているサービスが、お客様に聞くと、意外と他にはないらしいです。

塾選びの一つの基準として参考になさってくださいね。

1.完全1対2専門の個別指導が貴重

私が知る限りで恐縮ですが、常磐・松本地区の個別指導塾で、1対2専門は当教室を含めて2〜3塾しかありません。

他は、1対2もコースとして用意しつつ、1対3など複数のコースがあり、そちらがメインだったりする所もあります。なぜか、パンフレットやHPに明記していない所もございますが、そこは不明です。

私も教室長なので教室運営の現実はわかるのですが、1対2専門をしているだけでも、講師・生徒ひとりひとりの毎回の授業をサポートすることは大変です。

もし、1対1,1対2,1対3,1対6など、複数の授業形態の動きを同時に見ないといけないとなったら、本当に目の回ることだと思います。

京進スクール・ワンが1対2専門にしている理由は、1対1が教えすぎで、1対3以上が教えなさすぎになるからです。

「教えてもらっている時間」と「自分の頭を使って言う&書く時間」を半々にできる1対2がベストと考えています。

2.常磐中学校専用の日程で塾を運営

単に看板として掲げているだけではなく、実際に教室の開校日・休校日や受験対策の日程は、常磐中学校に合わせています(他校の中学生の方、ごめんなさい・・・)。

定期テスト前に教室が開いていて、テスト勉強できることが塾生の皆さんからは特に好評です。

3.5科目の入試対策から、リスニング・作文・面接対策まで

受験生になったときに、どんなことまでどんなふうに対策してくれるのか?

ここに各塾のこだわりが出ます。

京進スクール・ワンは、夏期講習・冬期講習・春期講習・受験対策講座がすべて完全個別指導です。

こう書いた理由は、すべての個別指導がそうではないからです・・・。

また、受験対策が三重県の内容になっておらず、全国共通のテキストを使って指導していたら受験対策へのこだわりはないと言っていいでしょう。

三重県の場合、英語の入試においてリスニングの配点はとても大きいですが、リスニング対策や国語の作文対策、推薦向けの面接対策がなかったり、1〜2回だけでは練習量が足りません。

京進スクール・ワンは、このように三重県の高校入試に必要なものをすべてワンパックにして、「実戦トライアル」と呼んでいます。

県内トップ校までカバーしていますが、さまざまな学力層の受験生に受講していただき、第一志望校合格率を大幅に上げています。

ここに、京進スクール・ワンが常磐・松本地区に存在している意義があると自信をもっています。

4.本来有料提供のサービスを教室負担で無料サービス

学力UPのために、入塾される方の多くは週2回以上の通塾をお願いしています。

理由は、週に1回お会いするより、3〜4日に1回会うほうが勉強習慣が変わりやすく、結果、学力向上につながりやすいからです。

もちろん、毎日会えれば、それだけ生徒さんの細やかなサポートができます。

そのために、京進スクール・ワンでは週2回以上個別指導で通塾される方には「5科パック」の特典を無料サービスしています。

理科・社会は映像授業でテスト対策ができます。

国語は、過去問・予想問題・テキストを自由に使用でき、先生に質問を自由にすることができるようになります。

苦手科目は個別指導で密度高く指導し、暗記科目は効率的にサポート。

5科目の合計点を上げることで、順位UPの喜び、内申点UPの喜び、そして志望校合格率UPを実現していきます。

5.この地区で意外となかったサービス

自習室も塾選びポイントでしょう。

予約制、有料など、いろいろな制約がある場合があります。

夜早く閉まる所もあります。

受験生になったとき、塾で勉強をし続けられないのは大きな損失です。

土曜・日曜が閉まっている所もあります。

土日が完全セルフサービスにまかせてしまっては・・・。

中学生コースまでしか個別指導がない場合、高校合格がゴールになります。

私たちは、高校合格がゴールとは位置づけていません。高校合格はスタートです。

高校卒業後、大学にしても就職にしても、幸せな進路に進んでいただくお手伝いをするのが本来の塾の使命だと考えています。

高校合格後の校内順位、高校入学後の勉強につながる受験勉強のしかたなど、広い視点で生徒さんを指導しています。

保護者様にも、毎回の授業結果をメールでお送りしています。

担当講師が書いた、できたてホヤホヤの授業報告をご覧になって、大切な家庭学習に活かしていただくことで、塾に入って変わった!という実感が得られるようになります。

定期テストの結果で思うところがある常磐中学校の皆さん、塾選びをここで考えてみませんか?

京進スクール・ワン四日市ときわ教室

住所:三重県四日市市城西町4-21 ときわビル1階東 地図を開く
電話受付時間:15時~22時(日曜・月曜定休)
電話番号:059-329-7664