統括です。

先日行われた「7月12日-高校での学習と早期からの受験対策」での資料です。

 

 

HP用の資料で、大事な部分は元から入れておりません
講演会に来てくれた方のみに伝えた情報も多くありました。

 

最後に・・・統括です。

 

三重県の高校生の勉強のやる気は、大きな課題です。

高校受験の時はやる気があったけど・・・・高校に入って部活したら、あっという間に勉強がわからなくなって・・・・

やる気も大事ですが、高校受験と同じやる気を高校入学に継続していくのは無理があります。

例えば、オリンピック選手も4年に一度ですが、オリンピックが終わるとモチベーションを保つのがとても難しいと言っています。

プロでもそのような考えなので、16歳の子どもには難しいと思います。

 

やる気があるかないかは関係なく、受験終了後から入学までにしっかりペースを作ることが大切です。

結局は高校受験の勉強時間と同じぐらい高校で勉強しないと、より良い大学に入るのは難しい

言われています。

 

例えば)中3部活引退後毎日3時間高校受験で勉強していた生徒は、受験勉強終了後もできる限りそのペース(習慣を維持)でがんばり、高校入学後も

3時間の学習ペースを続けることが大切です。

 

そのため、家庭での禁句としては

「高校受験に向けて追い込みやがんばれ。
もう少しで受験が終わったらゆっくりしたらいいから追い込みをしよう

などです。

 

受験が終わってゆっくりとは具体的にどういういことかです。

  • 受験終了後3月中は1〜2時間ぐらい。高校入学後は3時間に戻すでしょうか?

 

子どもの考えによってはこういう考えも出来ます。

  • 親が受験勉強のために勉強を頑張れといったのでがんばっていた。

⇨受験勉勉強が終わって、ゆっくりとは3月中は勉強せずに、4月に入ってから1時間ぐらいでいいや。

 

・・・・・長くなりそうなので、下記はお時間のある方で・・・・・

下のパターンになると、通常高校に入ってついていけなくなります。

 

通塾問い合わせが多いのは、2つの時期があります。

 

1  高1夏休み前に問い合わせ

この時期は子どもがまだやる気があります。

高校に入って、自分が思った以上結果を出せない、悩んでいるケースです。

悩んでいる多くの原因は、

受験終了後ゆっくりしてしまった。

中学の時は予習をしなくてよかったのが、高校で予習をしなくてはいけなく、そのやり方が分かっていない場合です。

 

→このケースは多くの可能性で改善できます

 

2 高2の夏休み前後です。

子どものやる気がないからと保護者の方に連れて来られる場合です。

最初にも書きましたが、やる気は極端な話重要ではありません。

もちろんやる気がないとなると、

基本的には本人の出来るところまで戻って一つずつ出来るところを認めながら勧めますが、

進学校では取り戻すのがかなり難しいです。

 

(加筆) 2017年 最近多いのが・・・

 

3 高校3年生の秋からの男子です。

とりあえず、母親からそろそろ塾に行ったら?と言われて、来塾するケースです。

中堅私学(全統偏差値45以下)なら、なんとか元々持っている力で間に合うケースです。

 

でも、それでいいのでしょうか??? (長くなりそうなので、省略)

 

 

 

著名なキムタツ先生が良いことを書かれています。

http://www.kimu-tatsu.com/kimutatsublog/archives/11563

 

仕事をしていると、やる気うんゆんではなく、常に走り続けないといけないですし、

やる気をどうしたら上がるかどうか考えると、私の場合はかえって後ろ向きになります。

色々人間は複雑だと思います。(ゲームをするなと言われるとしたくなりますし・・・)