テスト対策 中3 社会 歴史戦後

これは2012年9月25日に作成された記事です

中3社会の歴史は学校のシラバスよりもかなり遅れ気味で、最後戦後がプリント1枚で終わったという残念な結果になりました。

今年は試行錯誤の年で仕方がありませんが、歴史を学ぶ上でいくら縄文時代を知っていても、30年前を知らないと将来大人と会話するときに困ります。

子どものうちは、大人が子どもに話を合わせてくれていますが、社会に出ると年長者に話を合わせないといけません

さて、左の図の説明をします。(上記は先生が悪いのではなく、元々のカリキュラムに問題があったのではと思います。約1学期去年より遅れています。湾岸戦争は知らないけど、鈴木貫太郎は知っているという生徒が増えるのではと)

今回テスト範囲には「原爆」が含まれます。

学校側も以前より時間をかけて指導することができなくなったため、意外と落とされた日、なぜ落とされたのかなど細かいところを指導できていなくて残念です。

よって、最低限塾屋として簡単な覚え方を

日付からでも都市からでも思い出せるいい方法です。

8月6 日 むいか ですね。 という言葉が出てきました。

このは、広島のの中に隠されています。

以上です。一瞬で覚えられると思います。

こんなゴロを使わずともほとんどの方は覚えていると思いますが、社会が嫌いなこの救済のために考えました。