テスト範囲の比較

これは2013年5月17日に作成された記事です

富洲原中学校と朝明中学校のテスト範囲の比較をしてみました。

1年生です。どっちの中学校というのは、分かる人だけ分かるようにしておきます。

クリックしたら拡大して見られると思います。

集合塾の先生方は進度調整、テスト対策大変だと思います。

これに時期が違う、朝日中、川越中、富田中等入ってきます。

私達は基本、予習先取り方針で集合塾と似ているカリキュラムで行っていますので、

大体はテスト範囲より進めています。

しかし、これでも進度は決して早くないので、これから期末テストに向けて大変になるでしょう。

また、本日暁小2年生の職業アンケートがあり、5名聞きにきました。

言葉遣いを先生が教えてくれて、「失礼しました」などの言葉を一生懸命使っていました。

その中で一番難しかった質問が

「暗記は何日で出来ますか?」

難しい質問ですね。短期記憶ならもちろん1日必要ではないですし、長期記憶なら

反復が必要ですし・・・・

結局何日と答えたか・・・秘密です。(あくまでも、小2に分かるように)

昨日富田教室で更新された、パソコンのディスプレイ大変きれいですね。

また、びっくりして嬉しかったことがありました。

本日でほとんどの高校生のテストが終わりです。

連日川越高校の1年生組が7時間以上塾で自習をしてくれていました。

最終日の今日は来ないだろうと思っていたら、Nくんが何と15時に自習にきました!

私達の想像を超えました。

どうやら、中間テストが終わりましたが、学校の先生から期末テストに向けて

頑張るようにと話があったそうです。

以上近況報告でした。

校通信をお配りしてから、ゴールデンウィークの頑張りポイントの用紙を持って来られる方が増えました。まだ受け付けております。保護者の方のコメント待っております。