中1 実力テスト結果分析

お知らせ

冬の『いいね!』を実感キャンペーン
11/1(金)〜1/7(火)入室の方限定

・2学期は季節の変わり目、行事がたくさんでなかなか、家では集中しにくいです。
・季節講習は途中からでも受講できます。
新中1生に向けて、お問い合わせも増えてきます
高校1年生中学校1年生は最初が肝心!
キャンペーンの内容は、こちらからご覧ください。
各教室 学年に定員制があるので、ご注意ください(特に中3)

ブログ一覧はこちらからご確認ください。

これは2013年2月2日に作成された記事です

ようやく実力テストの結果がそろってきました。

上の3校はほとんど問題が共通のため、中学校間のレベルを知るのにぴったりだと

思って調べました。

 

ABCがどの中学かは校通信でご紹介したいと思います。

ブログに載せると色々良くないこともあると思うので・・・・

きっかけは、数学の問題が異常に難しかったのとC中の英語の平均点が低かったので、

気になった分析をしました。

 

数学については、あのテストに対応するためには、子どもたちが持っている学校教材や学校準拠の教材ではなかなか太刀打ちできません。

どういう意図であの問題のレベルにしたのかが気になります。

せっかく中1の数学の復習をしても、応用が中心だと子どもたちも頑張った気になかなかならないですね。

 

英語

C中とA中が全く同じ問題でした。(B中は大問一つだけ別の問題)

1年生のこの時期で大きく点数の差が開いています。

 

例えば、C中で61点取れば、学年ではトップ層です。

しかし、A中にいけば、真中ぐらいになる計算です。

つまり、これを元に内申点が作られています。A中にいけば、3でしょうか

C中なら4か5でしょう。

 

タイトルとURLをコピーしました