中3 四方山話(よもやま) 2

これは2013年2月23日に作成された記事です

今日は中3生対象の実戦トライアル とテスト前の自習で8割ぐらいブースが埋まっています。中3生は本日を含め、残り3回。本日もリスニング、理科の1問1答、過去問など約5時間頑張ってくれています。

さて、本題ですが・・・・ 各中学校の面白い話が昨日に続けてあったので、

ご紹介します。

中3生の指導について、昨日記事に書きました。

その続きです。

先日前期選抜が終わりました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

A中・・・ 学年の半分ぐらいが前期選抜で合格。受かった子は部活に戻っている。ほとんどみんな自分の実力より下げて前期選抜で合格した。

B中・・・ ほとんど前期選抜は受けていない。みんな後期選抜の方にいきたい高校がある。

C中・・・ 結構みんな前期選抜を受けたが、あまり受かっていない。(スポーツ系などを除く)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

各中学校の戦略か?と思いました。

ちなみに、昨日のA中と今日のA中は違います。

三重県は、推薦入試から前期選抜へ変わりました。

全国的には、前期選抜をなくし、後期入試一本化の流れです。

理由の多くは、前期で高校が決まると、その後勉強をしなくなるからです。

この視点で考えると、A~C中どれがいいのでしょうか・・・

答えは書きませんが、これも前回と同じで価値観が多様化しているので、

難しい問題です。

私達の教室は、高校受験後終わった時が一番大事です。

小中高一貫教育を大事にしているので、高校のスタートを入試と同じぐらい大事にしています。

ブログを続けて書いてしまうと、毎月お渡ししている校通信に影響が出ます。

今月は忙しいので、まだ何も手をつけていません。(ご紹介したい記事はたくさんあります。これを貼りつけて、構成して、挿絵を入れてなど・・ 毎月は大体この時期には、貼り付けぐらいは終わっているのですが。・・)

頑張ります。