中3 学校では何をしているのか・・・

これは2013年2月22日に作成された記事です

今週は富洲原中テスト中、高校受験2週間前、国立2次直前、高校生もテスト週間、そして新年度の準備、春休み講習の準備。そして、天井の水漏れ、確定申告など。些細なミスや配慮不足をサポートして頂きありがとうございました。

色々頑張りました。

本日春期講習のベース案が動き出したので、少し落ち着きました。

中3生に学校の授業で何をしているかを聞きました。

A中 ・・・・ 授業中プリントをしている。答えを配られて、答え合わせして終わり。

     先生はボーとしている??(その子談です)

B中 ・・・・ まだ、学校の授業を進めている。

どっちが良さそうでしょうか??

答えはありません。

A中では、ある科目は教科書の太字に線を引いて急いで終わった。

B中では、まだ熱心に指導をされている。(遅い、遅くない?)

公立中でも様々です。

塾に行っている生徒は塾で内容をやっているので、改めて学校の内容をする必要もなかたっりします。塾に行っていない生徒は、最後急いで終わると不安な気持ちになります。

考え方・価値観がバラバラになると、集合教育の場合何が正しいかの判断が分からなくなります。

個別指導の場合、私が監督なので「方向性、教科担当への指示、全体のバランス調整、

アクシデント対応」をしています。

学校では上記を誰がするかが非常に難しいです。

物理的に難しいです。

話のおちがないですが、個別指導で1:2でも大変です。

本当に学校の先生達は大変なのです。

少しでも先生達が、中学校でうまくいくために、陰ながら私達塾が頑張る必要があり、

それが地域貢献だと思い込んで、頑張っています。

※富洲原教室は、現在まったく募集臭を出していません。

もう少しでテストが終わります。終わり次第、頑張ろうと思います。

新高1は受験後の予約が少しずつ入っています。

現在通ってくれている中3生が軌道にのって、辞めない限り募集定員いっぱいになります。

新中1は、現在定員の半分まで来ました。

今年は現中1や他の学年を年度途中に入室して頂きましたが、今後は一定の制限が

かかる可能性があります。(平均-10点以上の生徒しか受け入れないなど)

理由としては、小学校の算数を復習せずに中学進学する生徒が多すぎて、中学校に

入ってから復習する時期がなかなかありません。平均-25点になると、成績を向上させるまで半年かかります。それまで待って頂けないケースがあります。

成績は簡単には上がらないとチラシに書こうかと思います。

新中2の多くの生徒には、この春講習で「小学算数」の提案をしました。(自習中心)

75秒が、○分○秒や 3.4kmは○mなどの単位変換ができません。

そうすると、中学数学や理科・社会に影響が出ます。

一度苦手意識を持つと、上記の簡単な単位変換もできなくなります。

よって、算数の復習を新中2・新中3に課そうかと思います。

春講は1年間で最も勉強しない休みです。学校の宿題も少ないので、思い切って戻ろうと感がています。(小学国語もしたいのですが・・・ 色々(この漢字が読めない生徒が2名いました) 社会の教科書の意味が半分以上分からない理由がここにあります。)

よって、春講の提案書に追加1コマ提案・自習6コマとしています。

小学校の算数計算、単語練習などで本来は追加授業料を頂きたくないのです。