本日の1枚 自習&記憶本&友人紹介

これは2013年3月2日に作成された記事です

本日も受験生、テスト中の高校生良く頑張りました。

在室トップは7時間58分の川越高校2年制です。

先週は富洲原中3の生徒に負けていたので、本日は良く頑張ってくれました。

左上は、友人紹介のPOPを急いで書きました。

新中2は改めて人数を数えると、10名。

新中2定員オーバに来ています。富洲原中の方が多いです。

断るのが得意でないので、困っています。

高校生・小学生でも富洲原学区の生徒の方が早く動く傾向です。

このまま2年3年経つとだと、川越学区の生徒は入室できなくなる可能性があり、

解決法を考えています。

左下 2週間前に購入した本です。

現代文で有名な出口先生(最近では東○さんの、林先生の方が有名?)

が書かれた本で、論理を使って記憶力を高める話です。

かなり基礎的な内容で読みやすいです。

(libraryを図書館と脳内から出すのと、自分の名前を即座に言うのと記憶のレベルが

違いますよね。定期テストは前者の記憶レベルでいいですが、受験だと後者で記憶しないといけないなど、記憶のレベルを4段階に分けていたのが勉強になりました)

また、教室内の講師研修で使って実際の指導で役立てようと考えています。