色々と更新したこと

これは2013年6月16日に作成された記事です

テスト対策授業の申込ありがとうございました。

何とか頑張って、時間割を組むことができています。

本来は3コマで対策をしたいのですが、ご家庭の事情もあると思うので、何とか2コマでも

結果を出さないととプレッシャーがかかります。

個別指導では、テスト対策の追加授業が全くない教室もあります。

通塾している科目だけを上げる、これはうらやましいと思うときもあります。

追加授業の時間割を組む手間、テスト対策への準備などかなり大変です。

時間割を組むことで、時間割のミスも低確率で発生します。

 ・私の転記ミス(時間割に書き間違えると講師がこない、配布に書き間違えると生徒が来ない) すぐ作って渡さないといけない生徒の場合、焦って作るのでミスの発生確率が上がります

 ・2コマで成績が上がるのか?

3コマあると、2コマでテスト範囲を終わらせて、最後の1コマで再度チェックをかけられます。

 成績上位者になると「授業で分かれば」後は家で出来るように仕上げてくれるので、2コマでも可能な場合があります。(特に女の子)

 しかし、多くの場合は「2コマで授業で分かる」のみで終わるケースです。最終できたかどうかのチェックが出来ません。

 PDCAで考えると、2コマだと『PD』で終わってしまうからです。

 大事なのは、CAですよね。

また、大事なのは講師の先生の気持ちをマネージメントすることです。

テスト範囲が出る前に、2コマで申し込みますので、たまに「想定よりも無茶なテスト範囲が出る場合があります。特に社会。また、前回のテスト範囲を含む等」

講師の先生も結果を出したいので、そのような場合2コマでどうするかと考えます。

話が長引きそうなので・・・・ テスト対策の苦悩はこれぐらいで。

しかし、5教科の順位を総合的に上げるのは多くの個別指導で苦戦していることなので、

ここにチャレンジし、結果を出して行くのは本当に楽しいです。

高校生 映像授業 @willの夏講提案書

年々国公立の志願者が増えてきています。

教室の戦略としても、「川越高校上位3割在籍者を増やす」なので、自然と増えます。

映像講座の@willを紹介しています。

@will(アット・ウィル)は、英熟語の「at will(意のままに、自由に)」を踏まえ、生徒の目標や希望に応じて自由に受講カリキュラムを設定できるしくみを表現しています。個別指導のニーズが高まる中、現役高校生の学力向上を可能とする画期的なシステムとして誕生しました。高品質なコンテンツとサービス、徹底して学力を伸...