牛焼肉定食と釣り銭を考える

これは2012年10月6日に作成された記事です

本日の晩は、上記のメニューに豚汁変更しました。

660円と吉野屋では高い部類です。

さて、話が脱線しましたが、660円ならあなたはどうお金を払う?が主題です。

① 1000円を出す

   おつり 440円 (100円玉4枚と 10玉4枚 →計小銭8枚

② 1110円を出す

   おつり 550円 (500円玉1枚と50円玉1枚 →計2枚

③ 1160円を出す

   おつり 555円 (500円玉1枚と50円玉1枚と5円玉1枚 →計3枚

何が言いたいかと言うと、

お金を払うことで脳みそが鍛えられ、おつりを想像することの楽しみが出てきます。

私は小銭をいかに少なくするかを楽しみにしています。

ほとんどないのですが、財布の小銭をなしに出来ないかと考えるときがあります。

テトリスやぷよぷよみたいに財布を全消ししたいです。

現在の生徒が数学が苦手要因はいくつかあります。

1.アナログ時計→デジタル→家に時計すらなくなった。

昔はデジタルの時計のせいで、時計の数値的な間隔がなくなっていました。小2ぐらいで習う時計で混乱していた生徒がいました。

今は携帯電話のせいで家庭に時計がなくなっていてます。

ご飯まで、あと何分? などそういう会話がしづらくなっています。

2.現金の使用機会の減少

カードのポイントを貯めるために、現金で払わなくなった。セルフレジもあり、子どもがお金を払わなくなった。

3.子どもと買い物に行かなくなった。

・食費を節約するため、タイムサービスまで待つ。子どもは家にいる。買い物を母一人でするようになるため、子どもの金銭感覚がうまれない。

などなど。

勉強は目的?それとも手段

勉強というのは、受験勉強をするのが目的でなく、生活するために勉強をします。

生活の中での勉強が一番成績が伸びるのに、その機会が失われています。

ぜひ、一度ご家庭で子どもに現金を使って、買い物をしてみましょう。

ポイントが貯まる以上の学習効果が子どもにあると思います。

※ これも以前伝えましたが、ガソリンスタンドがセルフ化になった理由として

若年層の計算力がなく、おつりの計算が出来ないということがあります。

本当でしょうかね。

ちなみに私は②で釣り銭をもらいました。

車の中で、③だったらGO! GO! GO!で縁起がいいなと思いました。

P.S. 2019年になり・・・

この記事の時は、WAONや普通のクレジットカードの支払いばかりでしたが、現在はPayPayなどのQR決済など多岐に渡っています。また、子どもの小遣いを管理するなら、携帯のカード決済で管理したほうがいいかもしれません。

そして、私は楽天ポイントを年間●十万ポイント貯めています。

普段はApple watchでコンビニや電車など決済。

お店でもPayPayが普及してきました。

そのせいで、私のお釣りを計算する力も衰えてきました。

子どもたちが大人になる時には、お釣りは確実になるかもしれません。

普段の計算する力がさらに衰えます。

そんなことに備えて、私たちは授業の最初に100ます計算をしています。

きっと役にたつと思います。

100ます計算のアプリをファイルメーカで作成し、8ヶ月経過し、百ますのスピードが驚異的にアップしている記事
12月現在8ヶ月経過し、百ますのスピードが驚異的にアップしている分析記事はこちら 19/1/3 待望の「引き算...

タイトルとURLをコピーしました