格安SIMをイオンモバイルにしてみて勉強になった話

お知らせ

冬の『いいね!』を実感キャンペーン
11/1(金)〜1/7(火)入室の方限定

・2学期は季節の変わり目、行事がたくさんでなかなか、家では集中しにくいです。
・季節講習は途中からでも受講できます。
新中1生に向けて、お問い合わせも増えてきます
高校1年生中学校1年生は最初が肝心!
キャンペーンの内容は、こちらからご覧ください。
各教室 学年に定員制があるので、ご注意ください(特に中3)

ブログ一覧はこちらからご確認ください。

四日市ときわ教室の吉川です。

今回は余談です。

スマホの通信会社をソフトバンクからイオンモバイルに変えました。

いま流行りの格安SIMです。

名前は聞いても、格安SIMって何なのかわからない方も多いと思います。

私もちょっと前までそうでした。

私の経験談を書いてみますので、興味のある方は参考になさってください。

 

きっかけはMySoftBankの請求額

約2年前、ソフトバンクでiPhone6Sを購入しました。

毎月分割で本体代を支払って、今年の夏に本体代を払い終えました。

それまでの月額は本体代込みで9000〜10000円。

本体代支払いが終わって、今はいくらくらいかなあ〜、とソフトバンクマイページであるMySoftBankにアクセスしたところ・・・

多少減ったけど、毎月7000円かあ、と。

そんな時に、統括(兄)から「イオンよく使うなら、イオンモバイルええで」といわれ、本気で検討することに。

*統括はイオンモバイル非契約

 

格安SIMの基本

SIMというのは、スマホの本体に入っているSIMカードのことで、SIMカードを入れると通話やネットが使えるようになります。

昔は、3大キャリアと呼ばれる携帯会社(ドコモ、ソフバン、au)がほぼ独占するサービスでした。

しかし、最近は3大キャリアで買ったスマホをどこの通信会社でも使えるようになり、格安の料金で携帯が使用できるようになりました。これが格安SIMです。

 

なぜ格安SIMという、よくわからないものに手を伸ばすのか?

それは、毎月の携帯料金を大幅に減らせるからです。

家計の固定費を見直すときの再優先事項にして良いかな、と思いました。

 

もちろん、うまい話には裏があるということで、デメリットもあります。

簡単にまとめると、

  1. 乗り換えが面倒そう(笑)
  2. ハイスペックなゲームや動画視聴が主で、データ使用量毎月10GB以上使う人には向かない。
  3. 通信速度が3大キャリアに比べると、やや遅い場合がある。

 

1つ目は、行動あるのみですね。

ちなみに、私はソフトバンクの店頭に行かなくても乗り換えできました。乗り換え業者側が説明してくれます。

 

2つ目ですが、逆に言えば毎月10GB未満の方は乗り換え推奨になります。

私なんか、毎月のデータ使用量1GB強でした・・・。

妻はTwitter、動画、無料ゲームのユーザーですが、それでも毎月4GBほど。

家にwi-fiがあれば、多くの方は5GB行かないんじゃないでしょうか?

 

3つ目は気になりますよね。

こればかりは、業者の評価を踏まえて実際に使ってみないとわかりません。

イオンモバイルは、docomoの回線を借りています。

結論から言うと、乗り換えて2週間ほどですがまだ不便を感じた瞬間はありません。

 

格安SIMを知る上で押さえておきたい用語

SIMカードには2種類があります。

  • 通話SIM・・・通話機能がついている。みんながイメージする携帯。
  • データSIM・・・通話機能だけなしで、他のネット(メール含む)はできる。電話以外で使用するタブレットはこちら。

データSIMは電話機能がないわけですから、通話SIMよりさらに格安です。

 

ちなみに、格安SIMの簡単な知識はここを読んで納得しました。よろしければどうぞ。

格安SIMとは何?格安SIMの基本的なことを徹底解説
格安SIM(かくやすしむ)について説明する前に、まず最初にSIMカードについて説明します。順々にわかりやすく説明していくので、最後まで読むと格安SIMの正体がすっきりわかると思います。

 

イオンモバイル店頭へ行く

イオンモバイルは、イオンの格安SIMです。

四日市市内では、四日市北イオンと尾平イオンに店舗があります。東員イオンにはありません。

富田地区の人間なので、北イオンへ妻を連れて行ってきました。

1Fのディオワールド側の入口近くにあります。

意識しないと気づかないですね。

イオンモバイル|業界最安級の格安スマホ・格安SIM
業界最安級480円/月~。500MB/月から最大で50GB/月まで29種類の料金プランをご用意!全国200店舗以上のイオンでも購入できる格安スマホ・格安SIMを販売中!

 

イオンモバイルにすると、何が便利で、何が不便になるか

店員さんから話を聞いたことをふまえて、表にまとめてみました。

あくまでもソフトバンクユーザーの私の場合です(税抜)。

比較項目 ソフトバンク イオンモバイル
プラン ホワイトプランR(i)

データ定額

留守番電話サービス
音声シェアプラン
月額料金 7000円前後 1780円
データ容量 7GB 4GB
他の端末   データSIMなら4台まで追加0円。妻の携帯とシェアすることもできるが+700円/月。単独契約より断然安いが、通信量の不安と、あと携帯の名義を一緒にする必要あるので、名義が違ったら今契約している携帯ショップへ名義変更に行かないとダメ。
通話料   イオンアプリ経由で電話すれば半額10円/30秒
留守電 あり なし(つければ300円UP)
電話番号   同じのを使える
キャリアメール softbank.ne.jp キャリアメールがない(フリーメールを使えばいい)
SIMカード代   3000円(最初だけ)
回線 ソフトバンク docomo
イオンカード会員   イオンクレジット支払いでポイントの付与や、SIMカード無料など(時期・キャンペーンによる)

ざっくり比較ですみません。

まとめると、

  • 毎月固定費が約5000円浮く。
  • データ容量はそんなに使わない(wi-fi環境があるかで大きく変わる)
  • 携帯電話は同じ番号で使える。
  • 電話をめちゃくちゃする人は、月1000円くらいで定額オプション加入をおすすめ。私は1ヶ月で1〜2分レベルなのでオプション不要。Line電話ならそもそも無料。
  • キャリアメールが使えなくなるので、フリーメールに切り替えておくと良い(アンドロイドなら、Gmailがすでにあるはず)
  • 伝言メモ機能がついていないスマホは、留守電機能をどうするか。
  • シェアプランはお得だが、家族で入る場合は事前に携帯の名義を一人にまとめておかないといけない(今契約しているショップに行くのが面倒)

こんな感じです。

接続が遅いとか、エラーが起こるとかは、今のところ起こっていません。

 

3大キャリア会社の引き止めをふりきろう

ソフトバンクの店頭に行く必要はありませんでしたが、2つしないといけないことがあります。

  • MySoftBankに入って、SIMロック解除をする。
  • ソフトバンクに電話して、MNP番号をもらう。

SIMロックはネットから手続きするので簡単です。最悪、イオンモバイルの店員さんが誘導してくれます。

MNP番号(携帯電話ポータビリティ)は、今の携帯番号のまま他社で使えるようにするための番号です。

店頭には行かなくていいですが、唯一、ここだけ今契約している携帯会社(私の場合ソフバン)と会話します。

ここで、引き止めに合う可能性があります。

私は10分待った後に淡々と終えられましたが、妻が引き止めにあい、そのまま継続してしまいました(妻はドコモ)。

 

引き止めのフレーズは

「まだ本体代の支払いが終わっていません」

「2年縛りの途中なので解約料がかかります」

 

本体代は、よく考えれば、残額分をまとめて払えばいいですね。

解約料は、更新月以外はどうしてもかかるので、これはしかたがありません。

解約料が9500円としたら、9500円損しますが、妻のドコモ料金は本体代込で10000円超。本体代を引けば7000〜8000円位でしょうか。

イオンモバイルにすれば、それが2000円弱ですむわけですから、毎月5000〜6000円損します。

2ヶ月で元が取れますね。

ただ、妻はドコモの長年のユーザーであり愛着もあるので、とりあえず本体代を支払い終わる4月末までは今の契約のままでいくことにしました。

(2〜3万円の差額・・・)

 

イオンモバイルに切り替えたあと

店頭で手続きしたその日から、イオンモバイル経由で通話・ネットが使えるようになりました。

ソフバンのキャリアメールは手続き中から使えなくなりました。私はほぼ使用していなかったので問題なし。

 

翌日から、イオンモバイルのマイページが使用でき、そこからデータ使用量や請求額、プラン変更などができます。

請求額を出したいところですが、まだ2週間なので請求額は未確定。

データ使用量はこんなところです。

4GBのうち、1.3GBほど使用といったところ。自分の携帯とタブレットの2台で運用しているので、大丈夫そうですね。

 

 

おわりに

格安SIMの回し者のような記事になってしまいました。関係者ではありません(笑)

お伝えしたように格安SIMが全員に合うわけではありませんが、あまりスマホしない人は、切り替えておいたほうが毎月数千円×人数分の家計が浮くと思います。

私も今回勉強になりました。

私も塾の先生という仕事をしている以上、先生も学び続けたほうがいいですよね。

新しいことにチャレンジするのは、どんなことでも腰が重いことです。

生徒さんが勉強方法を変えようとすることが難しいように、その難しさを日々の生活の中で私たちも実感し、共感できるように経験値を積んでいきたいと思う出来事でした。

 

この記事を書いた人

吉川宗明主任教室長紹介
ご挨拶 富田教室 教室長(2011年〜2018年) 四日市ときわ教室教室長 兼 富田教室・川越富洲原教室主任教室長(2018年〜) 四日市ときわ教室に常駐しています。 四日市市内の小学生・中学生・高校生を延べ300名...

クチコミサイト「ジュクサガス」で四日市市No.1!

京進スクール・ワン四日市ときわ教室(三重県四日市市)の詳しい塾情報・評判 | 【ジュクサガス】口コミと塾ブログが満載
京進スクール・ワン四日市ときわ教室(三重県四日市市)の塾情報 | 地域密着型の学習塾を探す専門サイト【ジュクサガス】。対象の塾に入塾すると最大1万円分の入塾お祝金を進呈中!口コミで塾の評判を見ることができ、お通いの小中学校や志望校からも塾を検索できる学習塾口コミ情報検索サイト。貴重な情報が満載の塾ブログも必見です!

京進スクール・ワン四日市ときわ教室

住所:三重県四日市市城西町4-21 ときわビル1階東 地図を開く
電話受付時間:15時~22時(日曜・月曜定休)
電話番号:059-329-7664

 

タイトルとURLをコピーしました