統括です。

2014年3月の記事に加筆修正しました。

 

少しふざけていますが、大変いい動画だと思います。

 

歌詞

 

 

 

 

 

高校生のスタートダッシュでつまずきやすいのが、古文です。

実際今年の川越高校では最も平均点が悪いのが古文です。

 

英語・数学は比較的みなさん予習や復習をしますが、古文までは部活をしていると

なかなか勉強できません。

 

特に新課程になり、1年生のうちに化学基礎を習い大変なので、

さらに古文への優先順位が下がっています。

 

同じ日本語だと思っていませんか?

同じ日本語だと思って古文を解くと、

まさに問題出題者のどつぼにはまり、不正解になります。

 

簡単な例)ありがたし

珍しい。めったにない。

語呂:「働きアリが退屈、めったにない」

 

わざと、間違えやすいように、今の日本語と違う意味になる問題を

選んでいます。

 

古典文法は英文法より量が少なく、簡単

学校では先生によって、古典文法を取り組む方法が違います。

英文を読むには、英文法が必要です。

古典文法を塾で予習しておくのをお勧めします。

英文法より量が少なく、入試の得点効率が高いです。

時間のない方には、映像授業で素晴らしいのもあります。

 

しっかり取り組めば!

 

行く末、さほどわろくあらじ

(未来はそんな悪くないよ(歌詞より引用))

 

 

 

P.S.

たまに間違えます。

古典=古文+漢文

です。