三重県後期選抜ボーダーについて|ボーダー点は公表できませんが・・・

統括です。2019/08/17 人気記事のため、再編集いたしました

内容は特に変更ありませんが、重要な内容を先に持ってきました。

最近「三重県後期選抜 ボーダー」で検索される方が多いです。

上の図は、「三重県後期選抜 ボーダー」の表示回数とクリック数です。

学校での3者懇談、前期選抜の合格発表後に急激に増えました。

それまでは、平均点や偏差値の検索が多かったです。

点数は私たちのホームページで公表はしていませんが、参考にできる資料があります。

eisuさんの「主要高校合格予想ライン」オススメです。

ボーダ?ではないですが、eisuさんが「主要高校合格予想ライン」を出されています。

(便利な時代です。ありがとうございます。)

インフォメーション|中学・高校・大学受験|進学塾・予備校のeisu ホームページ
入りたい中学・高校・大学に行くなら、名門...

四日市西以上ですが、非常に参考になります。

私たちは、平均点より下の生徒さんも多いので、その辺りのボーダ分析しています。

eisuさんの80%合格ラインは、実際合格できる固いラインかと。

ボーダーは高校にもよりますが、この点数より10点ぐらい下かもしれません。

(2019年 川越で170前半ぐらいでも合格されたり、ダメだったりするので)

[一番大事なことは!]ボーダを見て、不合格だとか、落ち込んだりせずに、次のことを考えて頑張りましょう。

ボーダを見て、不合格だぁと落ち込んだり、

合格だぁと調子にのったり、一喜一憂は良くありません。

大学入試は高校3年の3月ではなく、遅くても高校3年の1月です。

早ければ・・・ 高校3年の9月ぐらいのAO入試

私立高校の多くで実施される指定校を考えるなら、

高1の1学期から高校3年生までの1学期です。

高校受験で分かったと思いますが、受験前はみんな勉強します。

差がつきにくいです。

いかに勉強をしないときに、勉強をするかが追いつけない差を作ると思います。

英検などの検定試験は、合格点をとればいいので努力が報われます。

高校の定期テストも頑張れば、点数で内申点が取れます。

しかし、受験は順位(偏差値)です。

いくら頑張っても、1点、1人の差で合否が決まります。

差を詰める、差を広げられる戦いは水面下で始まっています。

(だからと言って、必死にする必要はありません。楽しく、前もって準備すれば

苦しまなくてすみます。)

私たちの活動

受験生以外は、学年末テストが落ち着き、これから新しい塾を探す時期で、

塾によって、取り組みは全然違うので、私たちの塾の取り組みを少し紹介いたします。

教室内ボーダの決め方

1.合格発表後、下記のように当日点の点数を集計します。

(阿倉川・羽津、富田、富洲原、ときわ教室で協力しています。)

2.内申点と当日点をプロット分析

そして、18年度はわかりにくいのですが、内申点と当日点をプロット分析しています。

それをわかりやすくして、ボーダの一部として予想しています。

それを案内表にしています。

2月5日「後期選抜 過去問の高校別目安」完成

上のワードファイルの内容は

点数は当然企業秘密になるので、載せられませんが、

目標点数とボーダーが書いてあります。

(もちろん、内申点や本人の性格、本番での強さなどを総合的に分析が必要です。)

保護者、生徒、(塾など)が、納得してボーダでもいいから、入学してから

頑張るを除き、ボーダでの合格はオススメできません!!!

昔は合格してしまえば、こっちのもん

という考えがあり、保護者世代も多数派を占めます。

しかし、・・・・

1人目のお子様がギリギリで高校に入って苦労して、

2人目以降はしっかり高校選びを考えられる方も増えてきました。

今や大学入試は激化傾向です。

大学入試楽勝と言われていたのは、10年前〜5年前です。

この方のブログが読みやすかったので、ぜひご覧ください。

「ええっ、あそこも落ちたー」 2018年私大入試が難化した2つの原因から2019年を予想する!

「ええっ、あそこも落ちたー」 2018年私大入試が難化した2つの原因から2019年を予想する! - 蒼き空に笑う
2018年の大学入試、特に私大入試はとても厳しかったようです。 「ええっ、あそこも落ちたー」「スベリ止めで受けたのに、ことごとく不合格になった」と言う声を今年ほど聞いたことはありませんでした。 人口減少と少子化で入試は楽になると言われてきたのに・・・。 調べてみると、「2018年私大入試戦線異状アリ!」でした。その主な...

また、少し専門的になりますが、

2019年度入試志望動向 | ウォッチ!大学入試 | 中日進学ナビ
大手予備校の河合塾が、10、11月に実施し、全国の約31万人が受けた第3回全統マーク模試の結果から、2019年度大学入試の志望動向を詳しく分析した内容が明らかになりました。11月末には名古屋市内で「第3回大学入試情報分析報告会」を開催。報告された内容などを基に、「難関国立大」「難関私立大」「中部地方の主な国公立大」「中...

滑り止めが受からないので、国立に志願もできないですし、

滑り止めの滑り止めを受験する層が、増えたので、そういった大学の志願者数が増えています。

皇學館は単に教育志望が減っているのかもしれません。。。

だいたい 今までは景気が良いと就職がいいので、教員や公務員の志望が減ります。最近は人手不足でしょう。

しかし、景気の波は5〜10年でくるので、在学中によく環境が変わります。

大学入試激化傾向をどうしたらいいのか?

リンクにも書いてあるように、推薦入試が重視されます。
特に最近は公募推薦も難しくなっています。
指定校や系列高校が人気です。

指定校推薦の場合

学校の内申点が重要です。
そのためには、学校の予習がベストです。
個別指導で学校ごとの対策、予習をし、
進度や予算が確保できないなら、映像授業で、個別指導の時代です。
指定校の場合、内申点は高1の1学期から高3の1学期までで、
高1 5回
高2 5回
高3 2回
合計12回のテストで、高1で約半分占めています。
しかも、高1の1学期が一番点数が取れやすい。
中学生の通知表の付け方より、高校の方がテストの点数が中心なので、
テストが簡単な高1の2学期ぐらいまでが一番稼げる計算になります。

前期選抜や私立高校で進学先が決まった方は、

塾に通っている方は、塾ごとで対策をしているので、準備をしましょう。
高校までの塾の方は、高校の塾を早めに探しましょう。
個別指導なら、どこでも受け入れていると思います。
ここでのポイントは、学習習慣を少しでも継続することが大切です。
生徒に聞くと、
高校受験より高校での勉強の方が大変と言います。
(高校は義務教育ではないので、下位層は残念ながら見捨てられます)
高校受験の学習習慣以上が求められます。
前期、私立で受かった方は、3月遊ぶと学習習慣がなくなります。
(最上位の進学校に前期選抜がないのが理由です。)
私たちの場合は、フォレスタを使っているので、
高校準備講座という教材があります。

少しでも、ご興味がありましたが、ぜひお気軽にお問い合わせください。

タイトルとURLをコピーしました