川越富洲原教室 教室長代理(進路アドバイザー)です。

 

今回の進路コラムは、7月11日に塾対象説明会を、8月4日と5日にオープンキャンパスを実施した愛知学院大学を特集します。

 

(1)クロスオーバー型教育〔一例〕

①産学連携

・自転車利用者向けポンチョの開発

・プロバスケットボールの公式戦サポート

・旅行商品の開発

・コーヒーやお菓子の開発  など

 

②地域連携

・JAや公共施設との連携した食品開発など。

 

 

(2)トピックス

・2019年度より、名城公園キャンパス拡張予定

→法学部も移転予定

・日進キャンパス隣接地に学生寮新設(2018年4月)

 

 

(3)入試

①総志願者数

2015年度  18,987名

2016年度  21,413名

2017年度  23,537名

 

※全体としては、年々、志願者数を増やしている。

 

 

②2017年度入試結果

・AO推薦の志願者数は前年比約95%と減らしている。

・一般入試の志願者数は、前年比117%と増やしている。

・センター利用の志願者数は、おおむね前年並みであった。

・合格者数は、AOで少し増やしたものの、他は前年比約90%と減らしている。

(文部科学省の要請に応じた対応になっているようだ。)

 

 

③2018年度 主な変更点

・薬学部で公募推薦B(併願可)も実施。

 

 

④前期試験A・センター利用Ⅰ期における特待生制度

・264名を選抜

・対象の試験での得点率が70%以上

・初年度免除額は120万円以上

・2年次以降も条件を満たせば、継続して年間30万円の奨学金を受けることが可能。

 

 

⑤合格ライン

・一般入試 おおむね60~75%程度

・推薦入試 おおむね60~77%程度

 

⑥トリプル判定

前期試験Aの成績を活用し、「前期試験A」「前期試験B」「センタープラス試験」の3つの判定を受けられる。前期試験Aだけよりも合格率が上がっている。

※前期試験Bは前期試験Aの高得点2科目を利用。(高得点1科目を2倍に)

※センタープラス試験は前期試験A1科目とセンター試験2科目(高得点のもの)を利用。

※入学検定料の割引もあり。

 

 

(4)就職

・就職率 98.7%

・求人 14,121社

 

 

(5)アクセス

①日進キャンパス

〔文学部・心身科学部・法学部・総合政策学部〕

→1年次のみ 商学部・経営学部・経済学部・薬学部・歯学部も

・地下鉄東山線で「藤が丘駅」下車。名鉄バスで「愛知学院大学」下車。

 

②名城公園キャンパス

〔商学部・経営学部・経済学部→2年次から

・地下鉄名城線「名城公園駅」下車すぐ。

 

③楠元キャンパス

〔薬学部・歯学部→2年次から

・地下鉄東山線「本山駅」下車、徒歩約5分。

 

 

大学ホームページはこちら