これは2017年6月22日に作成した記事です。

期末テストが終わっていないのに、期末テストが終わった後の話をします。

 

どうして?と思われるかもしれませんが、そんな方にこそ読んで欲しいです。

 

実は、いつも教室長がお伝えしていることと同じです。

 

テスト直前に頑張るのはみんないっしょ。

つまり、自分が頑張っていても、他の子も頑張っているので、差はあまり埋まりません。

(もちろん頑張っていないと、差は広がるばかりです)

 

でも、テストの後に頑張る子は・・・少ないのが現実。

であれば、みんなが手を抜く時期に、ちょっとみんなより工夫すれば、テスト前ほど頑張らなくても、成績はグンと上がります。

そういうものです。

 

だから、この記事をお読みいただいたみなさまは、テスト後の過ごし方を知って、周りよりも差をつけて欲しいと願って書きました。

 

 

テストをそのままほったらかしていませんか??

テストというものは、学校の先生が1〜2ヶ月の授業範囲の中で「ここだけは分かっていて欲しい!」と思って、全力をかけて作った問題 だけ がつまっています。

つまり、本来、テストとは”最高の問題集”なんです。

もし、その”問題集”に不正解があるのなら・・・

 

ほったらかしますか?

ということです。

 

授業でテスト直しをしているならともかく、自主的にテストを復習プリントとして利用している子って、ごくわずかだと思います。

 

ごくわずかの人しかしないからこそ、ここに手間ひまをかけることで、差がつきます。

 

ということで、答案が返ってきてから、テストに向き合うことが一番大事なんだ、ということをまず知っていただきたいです。

 

では、テストの活用方法とは?

テストはプリントのままほったらかしておくと、紙がグチャグチャになって、そのうちどこかへなくなります。

 

それでいいと思っていませんか?

 

テストを復習で使うために、1冊ノートを用意して、そこに記録していくんです。

記録と言っても、写すと面倒なので、問題用紙を貼るぐらいでいいしょう。