1分でできる子供のiPhone使用に制限をかける1( iOS 12スクリーンタイマー)

統括です。勉強の敵は、5年前はテレビ、マンガでしたが、今やスマホです。

LINEよりも、YouTubeが敵で、さらに強力です。

(私はYouTube premiere会員ですが・・。)

最強の敵「スマホ」と戦うには、

ご家庭の協力が必要です。

お母様方もiPhoneが増えてきて、かなりスキルも付いてきて心強いです。

今年9月のiOS 12から簡単に使用制限をかけられるようになりました。

以前もできたのですが、今回はかなり簡単で実用的です。

元々のスクリーンタイマー機能とは

動画では、まず自分のiPhoneの使用時間をチェックできるようになっています。

自分のiPhoneで何もを見ているかの時間を計測できます

その中の機能で、

家族のiPhoneに制限をかけることができます。

スクリーンタイムを使えば、iPhone や iPad でどのように時間を費やしているのかリアルタイムでまとめたレポートを確認し、管理しておきたいものについては制限を設けることができます。

一番簡単な方法を説明します。

次の画面は、子どものiPhoneとします。(実際は私の画面ですが・・・)

動画をご覧ください。(音は流れません)

少し動画と違いますが、解説します。

設定を押す

スクリーンタイムをタップ

(スクリーンタイムがない方は、OSが iOS12ではないので、アップデートしましょう。)

スクリーンタイムをONにする

続けるをタップ

子ども用のiPhoneをタップ

画面を見ない時間を設定できます

最初の状態では、22時〜朝の7時になっているので、主に寝る時間は使わせないという

設定になっています。

勉強中など設定したい場合は、その時間を入力しましょう。

アプリの使用時間を制限できます。

全てのアプリを使用させないなら、設定ができます。

設定後の画面

デフォルトは、下記のように電話連絡以外はできないようになっています。

砂時計が付いたアプリを押すと

と制限できます。

解除は、設定から行います。

以上です。

色々試してみるといいと思います。

まとめ

この方法は簡単ですが、

子どもが使用禁止時間帯やアプリ制限時間内にを使いたいときに、

近くに親がいる必要があります。

(緊急時だけ、コードを教えてまた違う日には違うコードにすればいいですが)

離れていても、遠隔で親が承認をしたり、制限をするには、これから説明する

ファミリー共有をすると便利です。

(別記事で時間があれば、取り上げたいと思います)

ファミリー共有をする

ファミリー共有を使うと、あなた、そしてあなたの家族が5人まで、iTunesやApp Storeから購入したコンテンツ、Apple Musicのファミリープラン、iCloudのストレージプランを共有できます。

スクリーンタイムの使い方:子供のスマホアプリ使用に制限をかける

Apple iPhoneの使い方、困ったときのQ&A、アクセサリカタログ、ニュースなど情報満載。iPad(アイパッド)、iPod(アイポッド)、iPhone(アイフォーン)、iPod nano(アイポッド ナノ)の製品紹介や仕様の解説も豊富。iPhoneのすべてがわかる総合サイトです。

子どもがiPhoneで、親がiPhoneではないとき

ペアレンタル機能やファミリー共有ができないません。

子どものiPhoneから、スクリーンタイマーを選択しましょう。

塾での使い方

塾で自習時間中や授業中にに、塾長や講師の先生が

生徒のiPhoneでスクリーンロックをかける。

スクリーンタイマーコードは塾の先生が把握し、

塾が終わってから、解除。

大事な電話は出られます。

トイレに行くふりをして、トイレでスマホをいじる技も防止できる?!

少し怖い画像でしたが、本当にこんな状態ですよね。