iPhoneのタイピングソフトを考える

現在問題を抱えています。
2020/10/13 から開始した 中学生・フォレスタ限定の単語テストシステムです。

小テストアプリの説明|ファイルメーカで作成します。
2020/10/7  10/13から導入こちらのページでは、生徒・保護者向けの小テスト(単語テスト)の勉強の仕方のマニュアルも入れておきます。教室では2020/10/13 〜 上記の流れで小テストを始めました。詳し...

答え合わせを半自動化しているので、生徒はタイピングをしないといけません。

スマホ世代なので、タイピングは早いかなと思っていましたが、

英語の入力は普段使っていないので想定よりも遅いです。

 

ただ、結果をデータベースに蓄積され、保護者・講師・教室長などにリアルタイムで反映できるため学習効果は非常に高いと思います。

 

↑のような間違いをすると、生徒の癖が分かります。

(※ 右の方にあるのは、間違えると2回練習しないと次に進みません。この生徒は4回してます。)

 

時間がかかるので、通常の指導に支障が出てきます。

しかし、英語は文法が理解できていても、スペルミスで間違いになります。(センター試験的なマーク式はその文楽ですが)

 

そこで単語時間の対策を考えると

・手書き入力にするか

・単語テストの時間を減らすか

・早く入力する方法を考えるか

です。

 

今回の記事では、早く入力する方法をとりあえず考えました。

(人間は楽な方向に流れます。イノベーションをするには痛みのある絶えざる革新を考える必要がありますし、最初から楽なうまくいくものなありません。)

 

英語入力と言えば

・一般的なQWERTY入力

・フリックによる入力

どちらでも良いと思います。

QWERTY入力

 

フリック入力

 

私はたまにしかフリックによる英語入力はしません。本当はフリックの英語入力を覚えるとわざわざキーボードを切り替える必要がありません。友人は日本語もQWERTY使っていて尊敬します。

 

パソコンの場合

昔から[寿司打]

が有名ですが、iPhoneからは外部キーボードをつけないと無理です。

 

iPhoneのアプリ検索をしましたが、なかなか良いアプリが見つかりません。

ぜひ、お勧めがあれば教えてください〜

 

こういう危険なアプリもあるので気を付けましょう。

無料だからインストールするのではなく、レビューをみたり、レビューを最新で並び替えて確認しましょう。

 

良さそうなアプリはこれです。

‎動物タイピング・ライト
‎** Bluetoothキーボードを使用することをお勧めします ** • 動物タイピングは、楽しく気軽にタッチタイピング(キーボードを見ずに文字入力をすること)を学べるローマ字入力用の練習ゲームです。速くタイプすればするほど、速く走る動物 が出てきます。最初はカタツムリ、そしてウサギ、さらに馬・・・もちろん、タイピン...

 

あとは英単語 中学生で調べると

キーボードがアプリ内に入って、必要な単語が入っているパターンがあります。

たしかに探す手間は省けます。このアプリはおそらく左上からabcdの順番で並んでいて、使わない単語を消していく方法で作られていると思います。英語は当然母音aiueoが使われる可能性が高いです。

しかし、パソコンの入力に慣れているとかえって探すのが手間ですよね?
せっかくなので、自分に慣れたフリックかQWERTYで入力して欲しい
です。

特に今の中学・高校生はプログラミングに少し触れて卒業だと思いますが、今後はますますプログラミングの需要が増えて、今は製造業の就職も多いですが、今後は産業転換がおき、プログラミングが必須になってくるとと思います。

その際には当然QWERTYでプログラム入力する必要があるので、この機会に覚えるのも良いのではないかと思います。

英単語入力で時間がかかって、生徒・保護者・講師の方には申し訳ないですが、ご協力ありがとうございます。時間がないので、簡単にまとめました。



タイトルとURLをコピーしました