19/08/17~新しいテーマ(外観)にしたので、一部表示がおかしいところがあります

高校1年生の退塾理由「部活と勉強の両立」

お知らせ

夏のいいね!キャンペーンはいよいよ終了です。(8/31)
・1学期の通知表が返ってきて、イマイチだった方、もっと頑張ろうと思った方
・季節講習は途中からでも受講できます。
・高校1年生、中学校1年生は最初が肝心!
詳しくは、こちらからご覧ください。
各教室 学年に定員制があるので、ご注意ください(特に中3)

ブログ一覧はこちらからご確認ください。

高校1年生の退塾理由

 

 

塾と部活の両立ができない・・・ので、塾を辞めさせてください」です。

 

とても、大変な気持ちは分かるのですが・・・

 

お父さんやお母さんが「仕事と趣味が両立できない」と言って、会社を辞めることがあるでしょうか?

もちろん、塾はお金を払っていただいて参加するので、少し仕事とは違うかもしれません。

ただ、そのような生徒の多くは、学校の授業についていけない生徒です。(部活は大変だけど楽しそうです。)

 

一方、高校の説明会などでは「部活と勉強は両立しなさい」と。

現に、高校の進路の手引きに載っている合格体験記には、「大変でしたが、部活と勉強が両立できました。」という内容が多いです。

 

 

そのまた、一方「部活は勉強に大変だったので、途中で辞めました」

勤務してもらっている職員や大学生の講師に聞くと、「部活は勉強に大変だったので、途中で辞めました」という声が

結構多く。(私も高校では部活は週1回で、あとは塾や学校で居残って勉強を)

 

何が正しいのかはわかりませんが・・・

一つ言えることとして、

 

両立できないのではない。

両立する気がない。

つまり、勉強から逃げたのではないでしょうか?

勉強を通じて、強くなることを放棄したとも言えます。

 

家でじっと学習をすることも大切です。

しかし、外に出て手ごわいライバルや、指導者から叱咤激励を受けて子どもは強くなれると

思います。

勉強が大事なのは本人は分かっているのですが、気持ちから逃げたとも言えます。

 

井の中の蛙状態では・・・・

 

スクール・ワンでは、実際に部活と勉強に苦労した先輩たちが身近にいて、

直接指導してもらえます。

 

やる気が多少なくても、素直な気持ちがあれば、じっくり話を聞いてリセットして

学習をスタートすることもできます。

 

個別指導がいいのか、映像授業がいいのか、ひとりひとりにあったアドバイスを

することもできます。

学習スタイルが定着できない場合は、映像授業よりも個別指導がいい場合もあります。

途中で切り替えることもできます。

 

 

タイトルとURLをコピーしました