4技能型の英検「TEAP」の志願者増大

川越富洲原教室 教室長代理(進路アドバイザー)です。

今回の進路コラムは、大学入試の英語を想定して開発された英検「TEAP」を特集します。

TEAPは2020年の大学入試改革に向け、志願者が増えています。

2017年度の第1回の志願者数は、2016年度の第1回の志願者数より3360人増え、8099人であったと日本英語検定協会が発表しました。

1.「TEAP」とは

「TEAP」とは、4技能型アカデミック英語能力判定試験のこと。

読む」「聞く」「書く」「話す」の4技能を測るテストで、高校3年生を対象とした大学入試を想定して開発された。

試験の構成は、日本の「大学教育レベルにふさわしい英語力」を測るうえで適切な設計となっている。

テスト内容は、すべて大学教育や留学で遭遇する場面を考慮して作成されている。

難易度は、英検に換算すると準2級~準1級程度である。すでに、一部の大学では入試において活用されている。

2.志願者増大の背景

文部科学省が、英語教育改革の柱として、英語の「4技能化」を掲げた。

この2020年に向けた大学入試改革で、英語の4技能を総合的にバランスよく評価するための外部検定試験を導入する方針を打ち出していることも背景になっている。

日本英語検定協会では、志願者増大の理由として、以下の3点を挙げている。

  1. 全国で英語の外部試験を入試に導入する大学が増加し、4技能のスコアを提出するよう受験生に求める大学が増えたこと。
  2. TEAPを採用する大学の増加に伴い、受験生にとっても外部検定試験で求められる基準スコアを取得すれば、第1志望と併願校のいずれにも出願しやすくなり、この併願パターンの活用が広がっていること。
  3. 高等学校などの団体単位での申し込みが増加していることや、大学等が主催する個人向けTEAP関連の説明会への参加者が増えるなど、TEAPへの関心度が高まり、認知度が上がっていること。

3.TEAPの大学入試への活用

TEAPの大学入試における活用例は以下の通りである。

  1. 大学指定のスコアを持っていると、英語の試験の点数を満点とみなし、免除する。
  2. スコアに応じて、英語の試験の点数に換算する。

などである。

TEAP以外の外部英語試験についても、TEAPと同様の扱いや、特別入試の出願資格として活用している大学も多くある。

参考文献: 大学ジャーナル