岐阜聖徳学園大学説明会2018 ~夢の扉は、確実に開く。~

富田教室・川越富洲原教室・四日市ときわ教室 進路アドバイザーです。

今回の進路コラムは、7月5日に塾・予備校対象説明会を開催された岐阜聖徳学園大学を特集します。

岐阜出身者が多いですが、教育学部だけは愛知県出身者が多い大学です。

(1)各学部のポイント

教育学部

・小学校、中学校、高校、幼稚園の教員免許状が同時に取得可能。

(保育専修のみ中学、高校のかわりに保育士証が取得できる。)

・クリスタルプラン

→通常の教育実習に加えて、実際の教育現場を体験するプログラム。地域の小・中学校、幼稚園などと連携して、1~4年次まで、4年間を通して実施。

・国立大学平均よりも高い正規教員採用率。

外国語学部

・英語関連科目の約6割がAll English授業。

・英会話を楽しむための外国語ラウンジ「Lounge MELT」の設置。

・中等英語教員養成コースもあり。

経済情報学部

・「経済」「経営」「情報」が融合した学び。

→幅広い履修科目の中から、興味のある分野や進路に関連した学びを自由に選択。

・実践的な学びにより、就職に必要な力を身につける。

→企業の経営者による特別講義や、企業と連携した市場調査などもあり。

・各種検定などの資格取得や高等学校教諭免許状(商業)(情報)も取得可能。

→一部の資格は単位として認定される。

看護学部

・2年生と4年生が共に学び合う「学生版プリセプターシップ」

→技術演習・技術指導演習

→新人看護師と先輩看護師がペアを組み仕事をする看護の現場にスムーズに順応することを目指す。

・教育学部特別支援教育専修の学生とともに学ぶ演習もあり。

・外国語ラウンジで英語で交流できる環境がある。

・1年次から国家試験対策を実施。

(2)入試

主な変更点

・Yawaragi入試(AO入試)の新設

→教育学部(音楽・体育)・・・書類・小論文・集団面接・実技

→外国語学部・・・書類・プレゼン(英語)・ディスカッション

→経済情報学部・・・書類・プレゼン・個人面接

→看護学部・・・書類・小論文・個人面接

※外国語・経済情報・看護学部はオープンキャンパスに参加する必要あり。

※外国語・経済情報・看護学部は授業料半額免除になる。

・一般入試B日程・C日程を全学部統一入試に変更。

→1日最大全学部に出願可。

→1日に出願する学部が2学部まで・・・検定料3万円

→1日に出願する学部が3学部以上・・・検定料4万円

→B日程は複数日出願しても検定料の追加はなし。

・教育学部でセンタープラス方式入試の新設

→B日程とセンター試験の得点で合否を判定。

→検定料追加1万円

公募推薦目標ライン

教育学部 基礎学力検査

おおむね65%~75%前後

※極端に低い科目があると不合格。

倍率

おおむね1~4倍前後

※教育学部のほうが倍率高め。

(3)実就職率

教育学部 97.2%

外国語学部 91.5%

経済情報学部 94.4%

(2018年3月卒業生)

(4)アクセス

羽島キャンパス

岐阜駅より、岐阜バスにて「岐阜聖徳学園大学」下車。

または大垣駅より、名阪近鉄バスにて「岐阜聖徳学園大学」下車。

※岐阜駅・西岐阜駅・名鉄笠松駅よりスクールバスあり。

岐阜キャンパス

岐阜駅より、岐阜バスにて「六条大溝町」下車。徒歩約5分。

※岐阜駅よりスクールバスもあり。