立命館大学説明会2018 ~グローバル教養学部新設~

富田教室・川越富洲原教室・四日市ときわ教室 進路アドバイザーです。

今回の進路コラムは、6月22日に名古屋で開催された教員向け説明会を特集します。2018年度入試は、定員管理の厳格化の影響もあり、合格者数を減らしてきました。

(1)2018年度一般入試結果

・志願者 98,262名 (前年度比+2,136名)

・合格者数 24,995名 (前年度比-3,147名)

・競争率 3.8倍 (前年度3.3倍)

・入学者は定員の92%

※合格者は11.2%減少

→私学助成不交付基準、学部新設不認可基準により入学者数を抑制する必要があった。

→合格最低点は下がっている学部もある。

(2)グローバル教養学部 2019年4月新設

特徴

・国際的な環境におけるAll Englishでの学び

・オーストラリア国立大学(ANU)と緊密に連携したデュアルディグリープログラム

(カリキュラム開発・学修支援の連携)

・リベラルアーツ教育を軸とした問題発見・問題解決型人材育成のカリキュラム

概要

・取得学位

立命館大学 学士(グローバル教養学)

オーストラリア国立大学(ANU) 学士(アジア太平洋学)

・開設場所 大阪いばらきキャンパス

(1年間はオーストラリア(ANU)に在留)

・入学定員 国内学生30名 国際学生70名

カリキュラム

・世界のヨコの広がりを学ぶ

→文化研究・地域研究を軸に、社会の多様性を理解し、さまざまな境界を超えて問題発見・問題解決に導く能力を養成する。

・世界のタテのつながりを学ぶ

→歴史研究・社会理論を軸に、国際社会の多元性と普遍性を理解し、人類にとっての新しい課題を浮き彫りにする力を育てる。

・世界の未来を構想する

→経営理論、科学・技術論を軸に新しい知識と価値を生み出し、国際社会で実践できる知的能力と行動力を習得する。

入学基準(出願要件)

TOEFL iBT 68

IELTS 6.0  などのいずれか1つを満たしていること。

※1年時終了時にハードルが設けられていて、越えられない場合はデュアルディグリーの取得はできない。

入試

・AO入試 書類審査+個人面接(英語)

・センター試験+面接方式 センター試験高得点3科目と個人面接(英語)

※高得点3科目の合計得点率が77%以上必要

(3)入試

・スポーツ健康科学部で学部個別配点方式(文系型)の新設

・経済学部で全学統一方式(文系)において国際経営学科と経営学科の2学科併願が可能に

・生命科学部で学部個別配点方式において2学科までの併願が可能に

・2019年度入試は、定員に余裕があるため、多めに合格者を出せる見込み。

・日程により、名古屋・三重などで受験可能

(4)2020年度以降の入試

共通テストについて

・5科・7科重視で活用予定

・記述の扱いは未定

英語外部検定試験利用について

・拡大の方向

・共通テスト併用で得点換算の予定

(5)アクセス

衣笠キャンパス

JR京都駅より市バスで約40分「立命館大学前」下車。

びわこ・くさつキャンパス

JR琵琶湖線「南草津駅」下車。近江鉄道バスで約20分「立命館大学」下車。

大阪いばらきキャンパス

JR京都線「茨木駅」下車。徒歩約5分。