19/08/17~新しいテーマ(外観)にしたので、一部表示がおかしいところがあります

高校生コース

 

スクール・ワンは・・・

実は高校生への対策が一番得意です。

ただ、限られた講師でしか指導できないので、ブログなどで宣伝はあまりしていません。

個別指導は高校生が通いやすい塾です。

 

中3から高校へ継続する内部の生徒の分も指導する先生を確保しています。

 

 

1.学校試験対策に強い!

 

  • 教科書ガイド、過去問、参考書も多数あるので活用できます!

(特に国語はどの高校も出題傾向は似ています!)

 

  • 当然個別指導なので、学校の進路、教材に合わせて対応しやすいです!

 

 

2.推薦入試対策に強い!

  • 小論文
  • ディベート

 

国語に強い先生や

富田教室では、教室長が直々?に文章チェックしてくれます。

教室長で工学部・理学部の先生も多いので、理科系の意見ももらえます。

 

(大学入試だけでなく、専門学校、短大、就職などどの高校生にも対応できます。

 

参考記事

高校生の問い合わせが増えています|2018年度大学推薦過去最高合格者数達成!(スクールワン全体)
のリンクをトップ画面に掲載したところ、 「タイトル化けが・・」 本来のタイトルは 2018年度大学推薦過去...

 

3.個別+映像授業で両者の弱点をフォロー

 

色々な使い方がありますが、代表的な使い方を

 

英語・数学 → 個別指導でじっくり

国語・理科 →現代文は受験テクニックを映像で理解、理科は映像で先取りして学校の事前予習

 

受験テクニックは映像が向いていますが、

テクニックを使って解けなかった問題などは個別指導の対応がベストだと思います。

 

 

どんな生徒にオススメか?

  • 周りで大学入試をあまりしていない高校の生徒 →個別指導なら先取りや受験対策が可能です。その分高い評定平均が取れるので、推薦入試で少しでも上位の大学を目指しましょう。

 

  • 中堅進学校(桑名西、四日市西、いなべなど)公募推薦が多いと思うので、推薦入試に強い塾を選びましょう。

 

  • 進学校の生徒、三重大を目指す場合は個別指導+映像が必須です。

 

 

あえて言えば、四日市高校などの進学校で京大など上位を受ける生徒はあまりご期待に添えませんが・・・(予備校に通うのがベストかも)

 

学校で全くついていけない生徒などは、ぜひ一緒に頑張りましょう。

 

 

小中高と継続して指導することが強みです。

高校生指導をしない塾は3通りのパターンがあります。

1.高校指導ができない(かなり複雑で難易度も上がるため)

こういうケースは、「高校生になったら自立をさせるために塾のコースはありません」とおっしゃるケースがあります。

本意かどうかは不明です。

高校受験は塾長一人で5教科指導できますが、大学受験は難易度も上がるため1−2科目しかできない場合が多いです。

指導できないので、コースを作らない場合は「自立」というテーマで終わります。

 

2.授業料を減らす事で学費による差別化で生徒募集

割愛しますが、夏講無料! 

 

3.高校生を指導しないから、そもそも高校のことはわからない。

スクールワンには大学生講師、高校生などから、生の高校情報をもらいます。

そうすると、よくありがちな「学校の勉強だけで受験指導が大丈夫」という迷信が迷信であることがわかります。

純粋で真面目な生徒ほど、その迷信を信じて・・・最後まで信じて・・・

 

しかし、学校の勉強をするなということではありません。

私自身の考えも、学校の勉強をおろそかにしてはいけないと考えています。

学校の勉強、そのテストは自分が理解できているかチェックです。

自分の勉強が一番大事。

学校の宿題なんて・・・個人に合わせてくれません。

そのためには、早く終わらせるために予習が必要。

基礎だけでも。

映像授業

映像授業もいろいろあります。(今回は説明を省きます。)

 

 

持論として、「大学受験」がどう考えても一番難しいです。

ライバルがまったく変わってきます。

高校受験は三重県での競争です。(さらにいうと、北勢地域。しかも、内申点という予選付き)

大学受験は全国競争で予選はあまり関係なく、上位校にOBという浪人も少数います。

(中学受験もレベルが高いのですが、人数が少ない)

 

 

タイトルとURLをコピーしました