19/08/17~新しいテーマ(外観)にしたので、一部表示がおかしいところがあります

リニューアルした四日市市立博物館が、今熱い

お知らせ

夏のいいね!キャンペーンはいよいよ終了です。(8/31)
・1学期の通知表が返ってきて、イマイチだった方、もっと頑張ろうと思った方
・季節講習は途中からでも受講できます。
・高校1年生、中学校1年生は最初が肝心!
詳しくは、こちらからご覧ください。
各教室 学年に定員制があるので、ご注意ください(特に中3)

ブログ一覧はこちらからご確認ください。

これは2015年4月17日に作成された記事です

先月3/21に、1年ぶりにリニューアルオープンした四日市市立博物館。

 

http://www.city.yokkaichi.mie.jp/museum/

遅ればせながら、行ってきましたよ。

 

もう一度、いや二度三度、行きたいですね。

 

“博物館”という響きから、皆さんはどのようなイメージを持つでしょうか?

 

昔みたいに、展示物を見て、ふーんと言っている時代は終わりました。

 

今の博物館のキーワードは”体感型”

 

展示物を見るんじゃなく、あなたが展示物の中に入り、体感するのです。

博物館の中に、昔の四日市

弥生時代

室町時代

江戸時代

を実物大のジオラマで再現してしまっています。

そして、2階には四日市公害をテーマとしたスペース。

5分ごとに、朝→昼→晩を照明を使ってくりかえすという不思議設定のほか、人は指の指紋レベルまで再現という手の入れようです。

あと、展示物自由にさわれます

 

四日の市の商人たちと値切ることも

 
 

家の中に入って

客の呼び込みを

することも

できます

 
 
 

豪華なごはんも出してくれます(冗談です)

 

しかも、入館料無料(プラネタリウムと、特別展は別料金ですが、常設展示は無料)

タイトルとURLをコピーしました