川越富洲原教室 教室長代理(進路アドバイザー)です。

2017年7月下旬の進路コラムを復旧します。

今回の進路コラムは、7月16日・17日にオープンキャンパスが開催されました南山大学を特集します。大学概要説明会や、入試説明会は、複数回行われましたが、だいぶ混んでいました。(入試説明会は大きなホールでしたが。)同じ日に、近隣の中京大学のオープンキャンパスも開催されていたので、はしごしている高校生も多数いたようです。ワンキャンパス化のため、新築工事も行われていました。

 

学長は、ドイツ出身の方で、「学長と話そう」というイベントもありました。(他大学ではあまりない。)学長ストラップまで販売されている。

 

 

(1)新設 国際教養学部 特別選抜試験

3月の改組説明会の時に、速報しましたが、8月下旬に実施されるAO入試型の実施要項が配付されています。日本語と英語の2か国語で書かれています。志望理由書と自己推薦書が各3枚ついていました。けっこうな量を書かせたいようです。また、AO入試ですが、併願可です。

 

〈特別選抜試験で募集する学生〉

①グローバル社会で生起する問題に強い関心を持ち、諸問題を解決しようとする高い志を持った人。

②高いコミュニケーション能力と異文化理解を備えた人。

 

〈2つの入試方式〉

①AO入試型

自己PRや小論文、プレゼンテーションなどを通じて、高いコミュニケーション力(日本語および英語)や表現力を判断する試験プレゼンの方法は、パソコンを使用しても模造紙に手書きでも一番アピールできると考えられる方法で行えばよい。(例を挙げることにより、表現方法をしぼりこみたくないので例もあまり上げないとのこと。)

 

②センター利用型

→センター試験の成績とグループディスカッションと面接で、論理的思考力・判断力・表現力(日本語および英語)を総合的に判断する試験。

 

 

 (2)新年度からの変更点

①クォーター制(4学期制)の導入

→90分×15回の授業を約2.5か月で行う。1つの講義を週2回受けることになる。

→2年生の第2クォーターは、全学部で必修科目はなし。(短期留学を考慮している。)

 

②情報センター・国際センターの新設

 

③外国語学部改組

英米語学科以外は、それぞれ、2つの専攻に分かれる。

 

 

(3)入試方式

①一般入試(学部ごとの入試)

②全学統一入試(全学共通問題)

→個別学力試験型とセンター併用型がある。

③センター利用入試

④国際教養学部特別選抜試験

⑤その他

→指定校推薦・カトリック推薦など

 

 

(4)アクセス

地下鉄名城線「八事日赤」駅下車、徒歩約10分。

 

大学ホームページはこちら

 

進路コラム「3月の改組説明会」はこちら

 

教務教務

【川越富洲原教室から塾生へのお知らせ】

提出していただく書類を配付中です。(もうほとんどの生徒さんに配布されていると思います。)テストの申込書・春期講習の申込書3月11日締切です。教材の申込書大至急ご提出ください。(新高1生は県立高校合格発表くらいまでまでお待ちします。)

(春期講習申込書に関して・・・新高2・新高3は締め切りを過ぎています。新高1は3月18日としております。)

→特に新中3・新高2・新高3生は、4月のテストの受験をお願いします。受験指導・学習指導に影響がでます。生徒さんが不利益をこうむらないためにもよろしくお願いします。(他学年の生徒さんもぜひ受験してください。なお、新高1は、6月に実施します。)