これは2016年4月14日、旧ホームページに作成した記事です。

写真左が浜田城主末裔の方(認定式の様子)川原田に住んでいて、古文書があるそうです

先週日曜日に四日市市総合会館(市役所の横)で

「浜田城主の末裔を発見!四日市の城跡とその歴史」

という市民公開講座がありました。

 

四日市を代表する浜田城主の末裔がいたとあらば、市民として城主にすぐにでも会いたいと思って行ってきました(笑)

 

~30秒でわかる基礎知識~

 

浜田城→現在の鵜森神社。城主は浜田氏。

羽津城→阿倉川駅すぐ北の近鉄線路上。城主は羽津氏。

赤堀城→四日市赤堀。城主は赤堀氏。

浜田氏も羽津氏も赤堀氏も元々は藤原氏の出で、由緒ある名門の家柄。

公開講座では、専門的な話もあり、新発見も多かったようですが、一番へえ~っと思ったのが「四日市の城跡とその歴史」と題された講演。

 

四日市市に40カ所も城があったという話、知っていましたか?

 

講演では、1つ1つの城の現地の写真と地図を丁寧に解説。

 

あそこにも、ここにもあったのか!

とびっくりしたので、いまから大矢知・富田地区の皆さまにも驚いてもらいます(笑)

上の茂福城は、この地区の皆さんならごぞんじですよね?

近鉄の電車からも見えます。

 

左写真。

さあ、どこの場所かわかりますか(笑)

 

大矢知の水道施設です。

ほら、あのローソンの交差点のところ。

 

ここ、大矢知城。

 

たしかに、このあたり砦っぽく、周りの地形より盛り上がっていますもんね。

 

 

富田小学校。

 

いまはグラウンドが広がるばかりですが・・・

 

ここに富田を代表する富田城がありました。

富洲原には城は築かれなかったそうですよ。

ちょっと羽津地区になりますが、ここも元・お城。

 

別名の交差点と言えば分かりますか?

 

別名城です。

 

あと、蒔田には蒔田城もあったそうです。

 

町中、城ばかりです。

 

 

こういう歴史でも、知っていると、いつも見る風景がすこしちがってくると思いませんか。