富田教室の阪田です

お知らせ

冬の『いいね!』を実感キャンペーン
11/1(金)〜1/7(火)入室の方限定

・2学期は季節の変わり目、行事がたくさんでなかなか、家では集中しにくいです。
・季節講習は途中からでも受講できます。
新中1生に向けて、お問い合わせも増えてきます
高校1年生中学校1年生は最初が肝心!
キャンペーンの内容は、こちらからご覧ください。
各教室 学年に定員制があるので、ご注意ください(特に中3)

ブログ一覧はこちらからご確認ください。

自己紹介

皆さんブログでは初めまして。富田教室の阪田です。

この度、9/1から富田教室の教室長をさせていただくことになりました。

急な教室長の変更で不安もあると思いますが、全力で皆さんの勉強をサポートしていくのでよろしくお願いします。

こちらもどうぞ

阪田先生紹介
ご挨拶 富田教室 教室長(2018年9月〜) みなさん勉強は好きですか? 私は子供の頃勉強が大嫌いでした。 もう一つ嫌いなことがありました。 それは親に怒られることでした。 そこで考えたのが、いかに効率よく勉強をす...

小話

さて、私の一番好きな教科は数学なんですが、数学についてのちょっとした話をしようと思います。
今富田教室では講師の先生に考えていただいた、『算数オリンピックの問題に挑戦』というイベントを開催しています。

この問題、小学生中学生が解こうと思うとものすごく難易度が高い問題です。

下のヒント問題を解いてヒントを貰ってなんとか解けるというレベルです。

ちなみに私は小学生で習う知識だけではこの問題を解くことができませんでした。中学3年生の2学期以降で習う知識でなんとか解けました。

そして、高校生で習う二重根号の知識があればこの問題結構簡単に解けます。

何が言いたいかというと、数学では解き方、解く過程が最も大切だということです。

この問題の答えはもちろん??㎠です。

ですが、その答えを出す過程は今までに積み重ねてきたものによってガラリと変わります。そして、数学ではこの答えを出すまでの過程が最も大切なのです。

また、数学ではたとえ答えを出しても、その答えが正しいことを説明できなければなりません。結論が正しくてもその過程を説明できなければ意味がないということです。

さて、回りくどいことをグダグダ言ってきましたが私が言いたいことは、みなさん数学を解くときに、過程を大切にしていますか?問題を解くときになぜそうなるかを説明できますか?途中式に魂を込めていますか?ということです。

数学はなぜそうなるのかを考え続ける学問です。みなさんも是非問題を解くときはなぜそうなるのかを考え、自分で説明できるようにしてみてください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

富田教室

住所:三重県四日市市下之宮町299番地 1階 地図を開く
電話受付時間:14時~21時(日・木除く)
電話番号:059-361-0455

タイトルとURLをコピーしました