ありとキリギリスと夏期講習

これは2014年6月17日に作成された記事です

 
 

アリとキリギリスの話を覚えていますか?

いい動画があったので貼っておきます。

今さらこの話の重要性に、気づいたのですが、勉強に役立ちます。

簡単なあらすじとしては、

夏の間、

アリたちは冬の食料を蓄えるために働き続け

キリギリスはバイオリンを弾き、歌を歌って過ごす。

やがて冬が来て、キリギリスは食べ物を探すが見つからず、

最後にアリたちに乞い、食べ物を分けてもらおうとするが、

アリは「夏には歌っていたんだから、冬には踊ったらどうだい?」と食べ物を分けることを拒否し、キリギリスは飢え死んでしまう。

イソッブ物語です。

日本では江戸時代の前に入ってきて、伊曽保物語(いそほものがたり)になり、ウサギとカメになります。

いよいよ、夏講ですね。

夏はアリのように頑張りましょう!

今は余裕の生徒は、キリギリスにならないようにね。