今回の進路コラムは、7月22日と23日にオープンキャンパスが開催された南山大学を特集します。

 

(1)トピックス

・古い校舎を改修

・4月にワンキャンパス化完了

・校舎を増やした

・学部の垣根を超えた学び

・4月からクォーター制導入

→短期間で学ぶことで学修効果の向上

→第2クォーターには必修科目がないので、短期留学やインターンシップをしやすい。

・ワールドプラザ(日本語禁止エリア)あり

・ジャパンプラザ(日本語のみエリア)あり

秋から多文化交流ラウンジ開設(文化交流できるスペース)

学長が交代

 

 

(2)学びの特徴

①国際教養学部と外国語学部の違い

・国際教養学部

→グローバルな問題について学修する

 

・外国語学部

→特定の地域について学修する

 

②国際科目群

英語で学ぶ「全学共通科目」

→留学前の準備や留学後の語学力の維持などに活用できる。

 

③短期留学プログラム

・各学部で用意されている

 

 

(3)入試

・英語の外部試験が活用できる

→全学統一入試、センター利用入試にて

 

・外国語学部においてAO入試の導入

 

・約75%が一般入試(全学統一入試・センター利用入試を含む)で入学

 

 

(4)アクセス

地下鉄名城線「八事日赤駅」下車。徒歩約8分。

 

 

大学ホームページはこちら