統括です。体育の日ですが、外に出たのは洗車🚘の20分だけです。

溜まった仕事を片付けました。

(しかし、e-tax ,インターネットバンキング💱が休みでショック)

 

 

知り合いから、モバイルバッテリー🔋の質問をもらったので、

この場で紹介したいと思います。

 

生徒も塾のポイント交換で、モバイルバッテリーが人気です。

(ポイント交換については、いつか記事をまとめたいと思います。)

 

選び方のまとめ

 

基本的には、どのバッテリーでもOK!。

(先日ニュースであった安物バッテリは発火🔥の危険があるのでご注意を)

この動画の説明者は、後で紹介する1のcheeroのバッテリーを使っています。(=安心) 

 

 

私のデバイス(持ち物)環境です。

 

 

 バッテリー

容量

重量

(ケース抜き)

充電方法

充電ケア

iPhone7 1960mAh 138g

lighteningケーブル

(iPhone8から

UCB-C急速充電)

頻繁たくさんの処理をするので、

まめに充電が必要

iPad Pro 10.5   8314mAh 477g

lighteningケーブル

(UCB-C急速充電)

1日持つので、あまり気にしなくていい。

MacBook Pro13

 (touch bar usb-cモデル)

4013mAh 1370g USB-C

ネット常時接続で気持ち5時間

(テザリングでipad proを指定)

Apple Watch

 

246mAH  

 特別なコネクターが

必要

1日中持つ

(たまに充電されてないことがあり、

コネクターを忘れると、おもちゃ状態)

たまに

バッテリーを使うガジェット類

・ミラーレスカメラ

theta、アクションカムなど

 

    mini-usb   

一つ一つのデバイスの説明をすると長くなるので、省略しますが、

10時間ぐらいコンセントなしの出張があると、モバイルバッテリーなしでは厳しい状態です。

 

今回は4つのモバイルバッテリーで比較

 

1 cheero Power Plus 3 13400mAh 245g

ほとほどに軽くて安い! iPhone7 約4回充電できるので、一週間に1回充電

 

毎日これをほとんど持ち歩いています。

結論で言えば、これがベストです。

 

しかし、持論で現状を否定し、常に新たな選択肢を考えたいので、

その都度都度マーティングに騙されて、新しいのを買ってしまいました。

 

 

2cheero Power Plus 3 Premium 20100mAh

1のバッテリーで十分なのですが、早朝で家族旅行に行き、夜までホテルにつけず、たくさん充電する必要があるときに

購入しました。重さは375gで130gぐらいしか違わないのですが、なぜか重たく感じる

そして、普段持ち歩くには大きいです。

 

現在は2階の寝室に置いてあります。

当然寝室にコンセント経由で充電すればいいのですが、ずっと繋ぎぱなしにすると

スマホを寝る前にいじって寝なかったりするので、コンセントは置いていません。

何か緊急的に必要な場合に使います。(富士山の山小屋でコンセントがなかったので、これを使いました。

 

パソコンを使うが、コンセントがない研修・セミナーの時(朝10時から17時までなど)に必ずこれを持っていきます。

 

  • 出力ポートが3つあるので、iPhone,iPad,Macなど対応できます。

 

Anker PowerCore Fusion 5000 mAh  折畳式プラグ搭載 189g

 次に購入したのが、モバイルバッテリ+コンセント付きの商品です。

 

モバイルバッテリーの弱点は、移動先でバッテリーがなくなったときに充電がしにくい環境にあります。

しかし、これはコンセントが付いているので、そのまま電源にさすことができる

一石二鳥のモバイルバッテリー付きのコンセントです。

 

 

 

 

しかし、5000mAhという1の商品の1/3ぐらいの容量しかなく、1は週に1回の充電でよかったのですが、

これは3日1回の充電が必要で、たまに電源が切れていたり、MacBook Proまで充電できなかったりして、

少し持ち歩くには不安な状態になりました。

 

一石二鳥とはならず、どっちつかずの状態です。

普段はiPhoneだけで、コンセントをよく使う人にはいいですね。

 

 

4 PHILIPS 10000mAh モバイルバッテリー Type-Cポート搭載

先月末に購入した商品でまだほとんど実戦投入できていません。

 

 

 

 

 

この商品の最大の特徴は、USB type-cに対応していることです。

出力・入力どちらも使えます。

(デバイスに充電するのも早い、本体の充電も早い)

三重県流で言うなら、普通電車と特急電車ぐらいに違います。

 

Appleは発表したばかりのiPhone8/8 Plus/Xが、いずれもワイヤレス充電に対応することを明らかにしましたが、高速充電も可能となっています。 30分で最大50%の充電が可能 

情報源: iPhone8/Xは高速充電が可能!ただしUSB-C電源アダプタが必要 – iPhone Mania

 

現在MacBook ProをUSB-Cで充電しています。

また、iPadPro10.5も、USB-Cで充電しています。

私の持っているもので言えば、iPhone7のみusb-c経由の高速充電ができません。

来月末発売のiPhoneX待ちです。

 

フィリップスのバッテリーは最近出てきたので、今後注目です。

 

2017/10/11 追記

少し怪しいかも・・・ バッテリーに充電できないかも・・・

給電はできているので、パソコンにつながて使用は可能です。

(調査中)

 

 

 

今回のバッテリーまとめ

私が重視するのは、バッテリー容量(1万以上)、重さ、充電スピードです。

 

  容量 価格 重さ 用途(なぜか、戦車に例えて

1cheero Power Plus 3

13,400mAh ¥2,500 245g

オールマイティー型

⇨買って間違いなし!

cheero Power Plus 3 Premium

20,100mAh ¥3,000 345g

重戦車型

重さは気にならない

家族旅行や

全く充電環境のないところで

使いたい方。 

 

3 Anker PowerCore Fusion 5,000mAh 2,500 189g

軽戦車型

コンセントを使える環境

毎日充電したい。

便利・一石二鳥 

4PHILIPS 10000mAh

10,000mAh ¥3,000 205g 

ハイテク戦車(イージス艦のような)

 充電にスピードを求める

未来志向の方

 

私はモバイルバッテリー職人なので、その日の用途によって変えますが、

一般的には、「1cheero Power Plus 3」ですね。

 

 

 

 

興味を持った方への比較動画 2017/3月の記事です。

 

 

まだ、私の方に情報は入ってきませんが、

ユーチュバー生徒やガジェット生徒、ガジェット保護者など、ぜひこのような情報に興味を持った方は

色々情報交換したいですね

 

 

 

 

番外編1 MacBook Proの充電アダプター

MacBook Proをどのように、USB-Cで運用したほうがいいか考えることもあります。

純正のケーブルは、2mで少し長く、またバッテリーは大きいです。

 

全てYouTubeから学んでいます。

 

 

 

番外編2 リールケーブル

時間の都合上力尽きましたが、私はリール式(巻き取り)のケーブルが好きです。

絡まるのが嫌いです。

できたら、世の中全てリール式でお願いしたいぐらいです。

 

今のところベストは、

右の青いcheeroの充電ケーブルがオススメです。

iPhoneのlightening端子と外せば、mini-usbに対応しています。

我が家には、家族と合わせて5つぐらいあります。

 

それまでは上の白を使っていました。よく、蓋が取れます。

 

真ん中の黒いのは、usb-cのリールです。

 

しかし、問題は

usb-cとusb-a(通常)のリールです。

usb-cとusb-cのリールが見つかりません。

 

左上の銀色のケーブルは画期的です。

 

 

usb-aで先端が3つに分かれています。

  • mini-usb
  • lightening
  • usb-c

全ての要素が揃っていて、理論上は同時に3台も可能だそうです。

この1本で全てすみそうだと思い購入しました。

 

しかし、大きな問題が・・・

充電ケーブルで、データ同期は不可能です😂。

 

完全に見落としました・・・・

 

 

10月10日は

川越富洲原教室のお誕生日です。

5歳になりました。