川越富洲原教室 教室長代理(進路アドバイザー)です。

 

今回の進路コラムは、10月28日に「受験生のための入試相談会」+「保護者のためのキャンパス見学会」を開催されました南山大学を特集します。受験生向けと保護者向けで別のプログラムとなっていたため、保護者向けの方を中心に取り上げます。

 

(1)受験生向けプログラム

①河合塾講師による入試対策講座【英語】

②受験生のための入試説明会

③学部説明会×2

④Web出願についての説明会

 

 

(2)保護者向けプログラム

①南山大学概要説明

②昨今の就職事情と南山大学のサポート

③学生による就職活動体験紹介

④保護者のための入試説明会

⑤Web出願についての説明会

 

 

(3)トピックス

・ワンキャンパス化完了。学部の垣根を超えて受講できる。

・校舎の改修も行っている。

・国際人育成のための3つの教育プログラム

→英語教育・・・レベル別の少人数プログラム

→英語以外の外国語・・・14言語から選択できる

→国際科目群・・・英語で学ぶ50科目(専門科目や教養科目)

・クォーター制

→週2回や2コマ連続で講義ができる。

→第1クォーターの試験期間と就職試験が重なることも。

・留学

→交換留学は、20か国・地域に77校の協定校

→短期留学は、各学部で授業の一環として提供されているものもある。

 

 

 

(4)就職

・就職率 98.5%(2017年3月卒業生)

・就職の特徴

→内定時期が早い。大手も多い。

→秋以降でも地元を中心とする優良企業からの求人が届く

・相談、添削等はするが、自分で考えさせるようにしている。

・さまざまなサポートプログラムが用意されている。

・4年次まで留学してきた学生のサポートもあり。

・公務員内定者の活動

→エントリーから内定までが長い。

 

 

(5)入試

約75%が一般入試で入学

→一般・・・44.66%

→全学統一・・・18.76%

→センター利用・・・10.80%

※一般は、試験日が異なる場合は併願可。

※全学統一とセンター利用は併願可(規定あり)。

外部英語試験が使える

→全学統一入試、センター利用入試、国際教養学部特別選抜試験[センター利用型]で使用可。

→英検、GTEC(CBT)、TEAPなどが可能

※英検は2016年3月以前の受験は準1級以上。2016年4月以降の受験は2級以上で総合2304、各技能460以上のスコアが必要。

※試験の種類により使える試験が異なるので、入学試験要項で確認してください。

 

 

(6)アクセス

地下鉄名城線「八事日赤駅」下車、徒歩約8分。

 

 

大学ホームページはこちら