統括です。6月23日に暁小学校の学校説明会に参加しました。(昨日は暁中学・高校の学校説明会記事)

だいたい40名ぐらいの参加者でした。昨日のアカロクはたしか130名ぐらいでした。

小学校入試を対象にされている塾の方もいらしゃいましたが、だいたい昨日と同じ顔ぶれでした。

川越富洲原教室から徒歩5分ぐらいで、最も近い学校です。(おかげさまで学校帰りに暁小生が塾に来ます。)

 

暁小で、塾対象説明会が初めて

 

やる気は脳ではなく体や環境から生まれる

最初のお話を聞いて思い出したが、

脳科学の池谷先生(京進脳アドバイザー)の言葉で

「やる気は脳ではなく体や環境から生まれる」があります。

塾での様子と学校での様子は違う生徒もいるので、学校見学会で生徒の様子を見られるのも

指導に大変役立っています。(学校ではやんちゃな生徒も塾ではおとなしかったりします。それは学校ではやんちゃにするという役割や環境が与えられているからです)

 

詳しくは

やる気は脳ではなく体や環境から生まれる
──「環境に存在する意欲」の捉え方──池谷裕二

リンク先4ページに以下のように書いてあります。

汎化が悪い方に転ぶのは不幸なことなので、教育においてもっと意識した方がよいと思います。

いたずらした子どもを勉強部屋に閉じこめたりしたら、勉強嫌いになってしまう可能性が高いのです。

 

 

ホームページはこちらから

 

毎回しつこいですが、

初めて学校説明会の記事をご覧いただく方へ

塾対象説明会について

 

勝手な自分の感想まとめ

・生徒が楽しそう、アクティブラーニングが自然に取り入れられている

小1の英語に驚き!

唯一生き残るのは、変化できる者である。

 


学校紹介

 

校長より

校長教頭タッグで8年

1946年6月終戦の翌年に暁学園誕生ーその時期に私学を建てたのはすごい。

小学校と中学校2年後 70周年。

1995年震災後に建てた。そこから20年。

昨年度 和式→様式

ICタグカバンに入れていて、いつ来たか学校保護者もわかる。

 

三重県で唯一の総合学園 4000人近く。

0.25%の存在である学校 

小学校2万のうち私立は1%

0.25% 総合学園は全国で50校しかない。

 

・教員30名 女性16名 平均40歳 総スタッフ45名

・現在387名 西日本59名加盟校 26番目。規模では中程度の私立の小学校

 

幼稚園から小学校半数 小学校から7−8割が中学校へ

 

理念

下記に詳しく載っています。

http://www.akatsuki.ed.jp/akatsuki-e/syokai_kyoikuhoshin.html

「人間たれ」

愛が

愛⇄無関心

 

ミッション

・リーブリック評価指標()

 

目指す学校像

司書のいる図書館・校長室も解放(休み時間に将棋をしている?)

図書館司書を置いている学校は三重県でほとんどない。

 

教育観

 

自立→共生

競争から→協働

 

心理学者が調べた やる気・優秀・優しい3つのを持った生徒の共通する項目

自分が好き

↑自己肯定感

↑自尊感情

↑内発的動機付け

↑外発的動機付け

 

「自分が価値がある存在である」

 

五つの子供の捉え方

対話共感 ートップダウンでない。

合意納得 ー接し方、子供扱いではダメ

子供尊厳 ー

教師言葉

ーーーー

長所進展法

 

あかつきっ子宣言

 

子供たちの環境

・第4次産業

コンピュータが自動から自律へ

・地球規模の問題

 

・少子高齢化

 

世の中に必要な力

・ダーウィンの言葉

 最も強い者が生き残るのではなく、

 最も賢い者が生き延びるのでもない。

 唯一生き残るのは、変化できる者である。

 

「変化できる能力」

・基礎力

・思考力

・実践力

この三つがあれば、変化できる能力がある。(学力の三要素)

 

何を学ぶべきか

・算数・国語基幹科目の教科

・英語(国際人の育成)

・行事教育の進化(自立と共生)

・情操教育 (1年から書道、図書館)

 

どのように学ぶか

・豊かな授業時間数

・暁小版アクティブラーニング

・実験たいけんん

・ICT

・ネットワーク型学習体制の確立

 

→ルーブリック評価で見えない学力も評価

 

暁小版アクティブラーニング

・個の思考 ー いきなりグループでなく

・協働学習 ー

・思考の変容

・全体共有

 

これが高学年になると 「なぜ、宮沢賢治はやまなしと名付けたか」

・エキスパート活動

・ジグソー活動

・クロストーク活動

・全体共有

 

ツール 「まなボード」

 

ICT

5年前プラズマテレビ、装置、PC、タブレット

ipad air 理科の実験を映像にとって

 

ベネッセ 家庭学習の時間数とテストの成績の相関関係

http://berd.benesse.jp/berd/center/open/chu/view21/2009/09/c04katei_01.html

・学習量と学習成果の関係

 

パッシブラーニングとアクティブラーニングの比較(アメリカの研究)

・半年後 パッシブラーニング(従来の教えつけ教育) 5%しか残っていない

・90%残っているのは他の人に教える。(協働的な学習方法が役立つ)

ラーニングピラミッド

学習定着率を段階的に表したラーニングピラミッド。ラーニングピラミッドについて理解しながら、段階で見る学習についての誤解と対策を解説します。

情報源: ラーニングピラミッドとは?何も考えずに実践すると逆効果。ラーニングピラミッドでよくある誤解を解説。 | Lead SeeeKONE

 

ネットワーク型学力育成システム

授業だけではいけない。

・課外

アフタースクール

・家庭

宿題・日記

 

・社会

テレビ会議システム

広島テレビ電話

ユネスコ

国内国外と繋がりながら。

(方言を聞いてみる。青森運動場を移すとスキーをしていたり)

 

学校紹介・入試制度

学校紹介ビデオ ホームページあるのでリンクを下に(見るべきです!!大変わかります)

http://学校紹介ビデオ ホームページ

 

平日 午後18時までアフタースクール

4年生 火木 自学

 

入学試験

(小学校入試を請け負ったことがないので、どれが非公開かわからないので、かなり割愛しました。)

個人面接

試験

 

社会性

作業能力

計数能力

言語能力 ーひらがな

単語穴埋め

線繋ぎ

 

 

約60名

 

学力

進路

非公開情報かもしれませんので、割愛

 

mikanの生徒(リンク)ー暁小学校出身

暁小卒業生で暁中学校ではリーダーシップを発揮してくれる。

 

目に見える学力向上

 

全国偏差値

65以上 暁15%  全国平均5

39以下 暁2% 全国16

上位も全校より多く、下位も全校より少ない

 

JET 英語

 

毎月月額約41000円ぐらい

 

授業参観

・小1の英語

・小2の国語

・小6の算数

をそれぞれ10分ぐらいじっくり見ることができました。

おそらく、全員が一番印象的だと思ったのが、小1の英語でしょう。

ネィティブと日本人の先生が大変小1を相手に楽しそうに授業をされていました。

 

印象的だったのが、「バナナはI like bananas. いちごもI like strawberries.って言うのに。

メロンは、I like watermelon. 複数形sはつかないんだと・・・。

情報源: 単数形と複数形、そしてその例外|松竹梅弁当

 

小1の英語は2クラスでそれぞれ違う指導方法で文法的な説明はほとんどされず、リズムや感覚で

生徒に教えていました。私は英文法には自信あるのですが、正直言って難しい・・・・でも、

感覚で覚えられるのが低学年の魅力なので、そのような教え方が一番自然だろうと思いました。

 

このことを調べるのに一番時間がかかってしまったので、割愛します。

時間があるときに、中身の整理をもう少ししたいと思います。

 

 

イベントスケジュールなど

正しい情報は必ず学校のホームページをご覧ください。

 

 

最後に

統括統括

タイトルを「人間たれ」の入口としました。

昨日中学校の説明会でしたが、中学校ではどうしても勉強に重きが置かれます。

しかし、小学校6年間は中学校より比較的ゆっくりと勉強以外も学ぶことができます。

その中で、どう「人間たれ」を育成していくか、暁小の小学校での学び・体験をして、

中学校に行くとより飛躍できる感じました。

(勉強だけを考えると、小学校公立で中学入試をして、外部で入って来た生徒の方が最初は優秀だと思いますが、

勉強に対する目的意識が中学入学後弱かったりします。(塾で詰め込まれていたなど))

 

内部進学で最初は外部入学者より学力順位が劣っていても、徐々に追い抜いて行くのには

このような人間力が背景にあるのではないかと思います。

(この最後は完全な私見です)