清林館高校塾対象説明会2019~清林館のいいところ~

お知らせ

冬の『いいね!』を実感キャンペーン
11/1(金)〜1/7(火)入室の方限定

・2学期は季節の変わり目、行事がたくさんでなかなか、家では集中しにくいです。
・季節講習は途中からでも受講できます。
新中1生に向けて、お問い合わせも増えてきます
高校1年生中学校1年生は最初が肝心!
キャンペーンの内容は、こちらからご覧ください。
各教室 学年に定員制があるので、ご注意ください(特に中3)

ブログ一覧はこちらからご確認ください。

教室長 阪田より一言

9/19に行われた清林館高等学校の塾対象説明会に行ってまいりました。

清林館高校は愛知県にある高校のためあまり馴染みがないかもしれませんが、三重県の北勢地区からはそこまで遠くない学校で、実際三重県から通っている生徒もいます。現在は海外留学中のため在籍していませんが富田教室にも清林館高校の生徒は通っていました

校舎も新しくなってすごく立派です。

動画はこちら

清林館のデメリットはやや遠いことと愛知県にある学校(愛知県授業料軽減補助金が受け取れないなど)ということなので、今回は清林館のいいところをお話ししようと思います。

清林館のいいところ

⑴遠いところ

学校は近ければいいと思うかもしれませんがそうでもないです。遠い学校に通うことになれば必然的に視野は広がります。三重県の人にとって愛西市はあまり馴染みがないと思いますが、その分新しい発見が待っているとも言えるのです。愛知県から通う生徒が多いので新しい友達を増やすいい環境でもあると思います。

⑵国際コース

清林館の国際コースでは多くの生徒が海外留学をします(2019年は休学留学、在学留学合わせて61名が私費留学をしています)。休学留学は学年が1つ下がるため帰国後に学年に馴染めないという不安がありますが、清林館では同時期に休学留学した生徒で帰国後学習できるのでそういった不安が軽減されます。

また、国際コースでは3年生の2.5人に1人が英検準1級を取得しています。

留学や英語能力に興味がある子は選択肢に入れて考えてほしいコースです。

⑶来年は易化する予定

一昨年に比べ昨年は生徒数が減少したため今年は生徒数を増やしたいそうです。そのため今年度の入試は易化する可能性が高いということです。具体的な数値については各教室に相談してください。なお、国際コースについては易化はしない模様です。

⑷得意科目で戦える

文理特進コース・文理選抜コースについては全ての教科の合計点で判定がされますが、国際コース・進学総合コースは図のように採点されない科目があったり、傾斜配点がされています。得意不得意科目に偏りがある子は選択肢に入れるといいと思います。なお、英語と国語からは逃れられません。

入試について

今年は全ての学校で書いているような気がしますが、全てWeb出願になります。困ったら塾の先生に相談してください。

募集学科・募集人員

普通科 443名 以下内訳 

文理特進コース 約70名

文理選抜コース 約70名

国際コース 約105名

進学総合コース 約198名

高校の生徒割り当て増加の申請が通ったのでこれより多くとるかもということです。

推薦選抜

出願期間 令和2年1月22日(水)〜1月24日(金)

検査日 令和2年1月29日(水)午前8時40分集合

検査項目 

学力検査は記述式です。

学力検査の問題は非公表ですが公立高校入試に準ずる問題であるとのことです。

合格コースの決定・推薦基準については各教室にご相談ください。

一般選抜

出願期間 令和2年1月27日(月)〜1月31日(金)

検査日 令和2年2月5日(水)午前9時20分集合

検査項目

上述したように判定方法が特殊なので気をつけてください。

合否は全てのコースについて判断され合格したコースから希望コースを選択することが可能です。

合格基準については各教室にご相談ください。

帰国子女特別選抜

各教室または直接高校にお問い合わせください。

最後に

校長先生は説明会の最後に生徒向けにされた講話を説明会でもしてくださいます。

今回は「この世の中に誰かがやらなければならない事がある時、僕はその誰かになりたい」

この言葉を残した中田厚仁さんのお話でした。

校長先生のお話を聞くだけでも行く価値のある説明会でした。

 

 

 

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました