鈴鹿高専 塾対象説明会2018 ~100%の就職率~

教室長吉川より一言

今年度、中学3年生で鈴鹿高専を受験する塾生もいます。ガンバレ!

合格目安の得点を意識して、2学期期末テストが終わったらすぐに高専の過去問を3〜5年分取り組んでみましょう。

過去問をしたあとが本当の勉強のスタートです。

答え合わせをするだけでなく、まちがえた問題が所属する単元・分野をまとめて見直し、解き直しすることが大切です。

復習後は、類題を入試レベルの問題集で再度挑戦するという流れを、入試日まで繰り返してくださいね。

富田教室・川越富洲原教室・四日市ときわ教室 進路アドバイザーより

今回は、塾対象説明会を開催された鈴鹿高専を特集します。説明会は台風で延期されました。

(1)トピックス

入試では、昨年より傾斜配点にし、調査書も点数化している

・博士号を持った教員が指導・研究している。

・日本技術者教育認定機構(JABEE)認定校

・第2種電気主任技術者認定校

・5年で卒業しているのは8割強。

→1年留年していても就職には影響していない。

・1000人を超える学生のうち、約260名が女子。

→女性教員も多く在籍

・海外への研修旅行あり。

・外国人講師による少人数英語教育の実施。

(2)5つの学科

機械工学科

・機械設計に必要な理論や演習だけでなく、コンピュータを用いた最先端の設計技術や加工技術も学ぶ。

・ロボットを設計、製作する実践的なものづくりの授業もある。

電気電子工学科

・電力供給や鉄道などのインフラから、スマートフォンやデジタル家電など、さまざまな電気電子製品の設計・生産をはじめ、機械・化学・食品・IT産業などの分野で活躍できる電気電子技術者を目指せます。

・第2種電気主任技術者認定対象学科。

電子情報工学科

・「電子」「情報」「通信」「制御」の知識と技術をバランスよく学びコンピュータ社会の様々な分野での活躍を目指します。

・ソフトウェアがわかる電子技術者、ハードウェアがわかる情報技術者を目指します。

生物応用化学科

・分析化学、有機化学、物理化学、生物化学などの知識や基礎理論を学ぶ。

・工業化学を学ぶ「応用化学コース」とバイオテクノロジーを学ぶ「生物化学コース」がある。

材料工学科

・「材料」について学ぶ学科

・金属、セラミックス、プラスチックなどの性質から、新素材の開発に必要な知識や技術を本格的に学ぶことができる。

・4年生以上では、水素エネルギー材料、航空宇宙材料、蛍光ガラス材料、環境調和材料などの最先端の材料の研究も行う。

教養教育

・低学年時を中心に、普通科の高校で学ぶような科目を学習します。

・特に数学と物理は、専門科目を学ぶ上で不可欠なので、普通科の高校よりも速いペースで授業が進みます。

(3)進路

・就職 約6割 学校推薦での就職活動

・進学 約4割 鈴鹿高専専攻科や国公立大学(3年次編入)が多い。

(4)入試

・倍率 おおむね2倍から3.5倍程度

・ボーダーライン 

→推薦 おおむね60~70%程度

→学力 おおむね60~70%程度

※入試情報は鈴鹿高専のホームページにて複数年分公開されています。

(5)さいごに

鈴鹿高専は全国の国立高専の中でも歴史のある高専です。

しかし、大学とも引けを取らない研究設備を備えています。

早期から専門科目も学べます。

進学・就職に関しても、高専は評価されているので、有利に進められるということです。

学費に関しても、専攻科まで進んでも、公立高校と国立大学の学費よりも安く済みます。

また、大学進学(3年次編入)する場合でも、2科目程度の編入学試験になるため、センター試験(大学入学共通テスト)を受ける必要がないので、入試の準備の負担が少なく研究活動ができます。

お問い合わせはこちらから

お電話でのお問い合わせをオススメいたします 理由は、お客様の勉強の悩み・課題に応じてご説明をさせていただきたいためです。 私たちの塾は、...